【Unreal Engine】iOS・Androidでの実機起動とパッケージングしてみた

  • 5
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

開発環境

Unreal Engine4 [4.10.1]
OS [OS X El Capitan/windows10 64bit]

iOS編

予め用意するもの
1. iOSが搭載された実機(私はiPhone5Sを利用)
2. プロビジョニング(***.mobileprovision)
3. 署名証明書(.cerまたは.p12)

macでiOSの実機起動とパッケージング

いきなり実機をつないで「起動」を押してもプロビジョニングと署名証明書がないと怒られる。
launch.png
 

[編集] > [プロジェクト設定] > [iOS] を選択。
「プラットフォーム - iOS」でプロビジョニング、署名証明書、Bundleidentifierなどの設定ができる。
platform.png
 

Xcodeで開発をしており、かつプロビジョニング、署名証明書をインポートしていた場合は、Unreal Engineは読み取りにいくので再び「Import Provision」からインポートする必要はありません。(新しく追加する場合は除く)
プロビジョニングの格納パスはこちら:「~/Library/MobileDevice/Provisioning Profiles」
mobileprovision.png
 

正しい「Bundleidentifier」を設定します。
「Bundleidentifier」が正しくないとステータスがValidになりません。
うまくいかない場合は、プロビジョニングを作り直したり、実機デバイスが登録されている事を確認することをお勧めします。 
bundle.png

 
これで実機起動もパッケージングもできます!

windowsでiOSの実機起動とパッケージング

いきなり実機をつないで「起動」を押してもプロビジョニングと署名証明書がないと怒られる。
launch.png
 

[編集] > [プロジェクト設定] > [iOS] を選択。
「プラットフォーム - iOS」でプロビジョニング、署名証明書、Bundleidentifierなどの設定ができる。
platform.png
 

「Import Provision」を押してそれぞれ読み込みます。
「Bundleidentifier」が正しくないとステータスがValidになりません。
mobileprovision.png
 

正しい「Bundleidentifier」を設定します。
bundle.png

 
 
これで設定ができたので再び「起動」を押すとできるはずなのですが、うまい具合に実行できません。(発狂
パッケージも同様に失敗してしまいます。他に何を設定しなければならないのか?
 
調べていると下記を見つけました。
Unreal 4.7.1 Errors out when launching on connected ios device (iphone).
https://answers.unrealengine.com/questions/180090/unreal-471-errors-out-when-launching-on-connected.html

つまり今回であれば、
「C:\Program Files\Epic Games\4.10\Engine\Intermediate\IOS\UE4Game-Info.plist」を
「C:\Program Files\Epic Games\4.10\Engine\Build\IOS」
にコピーすればOK。

 
これで実機起動もパッケージングもできます!(初見殺し)

Android編

Androidの実機起動

準備中
 

パッケージ化に失敗する場合

疑うべき場所
・レベル名(デフォルトから変更するとあまりよくないらしい)
・プロジェクトのパスが深い(パッケージングでこけるらしい)
・プラグイン(substanceが影響する)
 
「Enable」のチェックをはずし、Unrealエディタを再起動する。パッケージングを試みる。
plugin.png