運用設計

  • 11
    いいね
  • 0
    コメント

運用設計とは?

システムを導入する各現場に応じた、システム運用の枠組みを作りこむこと


運用設計はなぜ必要か?

  • システム運用が高負荷にならないようにする

    • トラブルが少ない
    • 日々行なうことが少ない
  • 運用が属人的にならないようにする

    • 効果を測定できるようにする
    • 誰が何をやったかを分かるようにする
  • 費用対効果を高める

    • 少ないコストで効果的に運用する

運用設計を行うタイミング

  • フェーズのはじめ
    • 基本設計と同じくらい

運用に必要な機能があれば予め設計に組み込める


具体的な設計項目

  • 業務内容
  • 管理項目
  • 運用体制
  • 運用スケジュール
  • 監視設計
  • データ管理
  • バックアップ設計
  • 障害対応

業務内容

どういう業務を行なうのかを定義する
定義を行なうことで、作業の見える化
それぞれの業務における運用を考えることができる


管理項目(何を管理対象とするか)

業務とは、システムを使用して、データを扱うこと

システムとデータのうち、どれについて運用の対象とするかを決定する

  • システム本体
  • インフラ(サーバ、DBなど)
  • ファイルサーバ
  • バックアップデータ
  • ログファイル

運用体制

  • 統括責任者
  • 運用責任者
    • システム監視者
    • ユーザーサポート責任者
  • 開発責任者
    • 開発担当
    • 保守担当

運用スケジュール

運用項目とスケジュールを定義

  • システムログ確認 (日次)
  • サーバログ確認
  • バッチ処理確認 (日次、月次)
  • データ改廃
  • システム稼働状況確認
  • システムアップデート
  • ミドルウェアアップデート

  • マスタ更新

  • その他業務で必要なこと


データ管理

  • システムで扱うデータを列挙

    • DB
    • ファイル
  • データの生存期間

    • トランザクションデータをどれだけ保持するか?
    • 改廃はどのタイミングで行なうか?

バックアップ設計

  • データのバックアップ
  • システムのバックアップ

方法とスケジュールを定義


監視設計

  • 何を監視するか

    • ログ
    • システムリソース
  • どうなったら通知するか

    • ログに含まれる文言(ERROR, Exceptionなど)
    • リソースのしきい値
  • 誰に通知するか

    • 監視担当者

障害対応

  • フロー
    • システムからの報告(管理担当)
    • ユーザーからの報告(ユーザーサポート担当)
  • エスカレーションルール

最後に

開発会社にとってはシステム完成=ゴールだが、顧客にとってはシステム完成がスタートである。
顧客の目的を果たすためのシステムをどのように運用し、安定して継続的に問題を最小限にして価値を生み出すかは、納品直前などではなく開発初期段階から考慮する必要がある。

また開発における設計とは違い、業務や組織の特性を考慮する必要があるという点で、組織運営やマネジメントの知識、ノウハウも必要である。