3分でできる!動くQRコード(GIF)の作り方!

  • 278
    いいね
  • 0
    コメント

動くQR-Codeってなんだ?と思った方、次のQR-Codeをご確認ください。
pichu_animacion_by_dark_clefita_qrcode.gif
giphy_qrcode.gif

他にも普通に画像を元にした、QR-Codeも作ることもできます。

neko_qrcode.png

可愛くないですか!!こんなにかわいくて、目を引くこと間違いなしのQR-Codeが1分で作れてしまいます。(pythonを使える環境であれば)
pythonがすぐに使うことができないけど試してみたい。また、とりあえず読むまえに試してみたいという方は、お試しサイトを作ったのでぜひ使ってみてください。

gif-qrcode

それでは説明には入ります。
まず、普通のQR-Codeの作り方。
次に、静止画像を元にQR-Codeを作る方法。
次に、GIF画像を用いて動くQR-Codeを作る方法を説明していきます。

1.インストール

pip(3) install myqr(or MyQR)

2.使用法

summary
myqr Words
     [-v {1,2,3,...,40}]
     [-l {L,M,Q,H}]
     [-n output-filename]
     [-d output-directory]
     [-p picture_file]
     [-c]
     [-con contrast]
     [-bri brightness]

Words,-v,-l,-n,-d に関しては2.1 QR-Code
-p,-c,-con,-bri に関しては2.2 デザインQR-Code
で、説明しています。

2.1 QR-Code

#1 Words

#1 Words
myqr https://github.com

Wordsには、URLや文章を入れます。
できたQR-Codeは'qrcode.png'という名前で、カレントディレクトリに保存されます。

#2 -v, -l

#2 -v, -l
myqr https://github.com -v 10 -l Q

-v: サイズ

1から40の間でサイズを指定することができます。
デフォルトでは、文字数によって大きさは決まります。

-l: エラー修正レベル

エラー修正レベルを L,M,Q,H の中から選ぶことができます。
Lが一番レベルが低く、Hが最もレベルが高いです。

エラー修正レベルとは、QR-Codeがコードで汚れていたり、破損していていた場合の、コード自身でデータを復元する能力を示しています。レベルを上げると、誤り訂正能力は向上しますが、データは増え、コードのサイズは大きくなります。

#3 -n, -d

#3 -n, -d
myqr https://github.com   -n github_qr.jpg   -d .../paths/

デフォルトでは、作成したQR-Codeの名前は、'qrcode.png'で、ファイルはカレントディレクトリに保存されます。

-n: ファイル名と形式

作成したQR-Codeのファイル名を指定することができます。
形式は、.jpg,.png,.bmp,.gif の中から指定することができます。

-d: ディレクトリ

保存するディレクトリを指定することができます。

2.2 デザインQR-Code

#1 -p

#1 -p
myqr https://github.com -p github.jpg

-p を使うことで、ディレクトリにある画像を元にQR-Codeを作成することができます。デフォルトでは、白黒のQR-Codeが作成されます。

#2 -c

#2 -c
myqr https://github.com -p github.jpg -c

-c を使うことで、白黒ではなくカラーのQR-Codeを作成することができます。

#3 -con, -bri

#3 -con, -bri
myqr https://github.com -p github.jpg [-c] -con 1.5 -bri 1.6

-con: コントラスト

画像のコントラストを変化させることができます。
デフォルト値は、1.0 です。

-bri: 明るさ

画像の明るさを変化させることができます。
デフォルト値は、1.0 です。

2.3 動くGIF QR-Code

2.2のデザインQR-Codeで、元となる画像をGIF画像にすると、動くGIF QR-Codeをつくることができます。
カラーや出力されるファイル名を変更するオプションなどは、デザインQR-Codeと同じです
。ただし、出力されるファイルもGIF形式でなければいけません。

3 必要なライブラリ

pillow
numpy
imageio

4 おわり

予想以上に簡単だったと思います。
サイトに貼っても、インパクト絶大だと思いますし、
友達に見せてみても面白いでしょう!!
ぜひ、QR-Code lifeを!!

5 (宣伝

自分でやるからいいという方も是非一度試してみてくださいね
gif-qrcode