Cloud9でFuelPHP1.8の環境を5分でつくる

  • 2
    いいね
  • 2
    コメント

最初

  • Workspace name : お好みで
  • Template : PHP,Apache&...

余計なファイルの削除

$ cd ~/workspace
$ rm README.md hello-world.php

oilコマンドのインストール

これぞFuelPHPの醍醐味。後から役に立つ(多分)。

#/usr/local/bin/oilがインストールされる
$ curl get.fuelphp.com/oil | sh

プロジェクトディレクトリの作成

ディレクトリ名はお好みで。

$ cd ~/workspace
$ mkdir project_a

プロジェクトproject_aに対するFuelPHP1.8のインストール

$ sudo composer self-update

# プロジェクトディレクトリの指定が必要
$ composer create-project fuel/fuel:dev-1.8/master --prefer-dist project_a

ApacheのDocumentRoot設定変更

安全のために、publicディレクトリをDocumentRootにする。

$ cd /etc/apache2/sites-enabled
$ sudo vi 001-cloud9.conf

#    DocumentRoot /home/ubuntu/workspace
     DocumentRoot /home/ubuntu/workspace/project_a/public

$ sudo service apache2 restart

MySQLデータベースの作成

$ mysql -u root
mysql> create database project_a

以上