Debian GNU/Linux 8.3のBOINCで特定プロジェクトと通信できない場合の一時対処

  • 0
    いいね
  • 0
    コメント
    この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

    Debian GNU/Linux 8.3のBOINCで特定プロジェクトと通信できない場合の一時対処

    症状

    Debian GNU/Linux 8.3にアップデートしてからBOINCでWorld Community GridとEinstein@Homeのデータが受信できなくなった。

    • プロジェクトを追加しようとしても"Please try again later"と表示される。
    • すでに追加されている場合は"Peer certificate cannot be authenticated with given CA certificates"と表示されWU(宿題)がダウンロードできない。

    原因

    BOINC界隈では以前にもこの手の問題があったらしく、原因はOpenSSLパッケージの証明書らしい。

    https://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=813468

    一時対処

    OpenSSLパッケージがアップデートされるのを待つ間稼働するため以下の対処を行いました。

    公式クライアントの証明書ファイルとDebianパッケージのファイルを入れ替えるという対処です。
    OpenSSLパッケージ関連のファイルをいじるわけではないので安全(BOINCのみ有効)。

    $ cd /tmp
    $ wget http://boinc.berkeley.edu/dl/boinc_7.2.42_x86_64-pc-linux-gnu.sh
    $ bash boinc_7.2.42_x86_64-pc-linux-gnu.sh
    $ su
    # mv /var/lib/boinc-client/ca-bundle.crt /var/lib/boinc-client/ca-bundle.crt.old
    # cp /tmp/BOINC/ca-bundle.crt /var/lib/boinc-client/
    # /etc/init.d/boinc-client restart
    # exit
    

    これでWorld Community GridとEinstein@Homeに通信できるようになりました。