vagrantでゲストOSからホストOSにファイルを同期する

  • 5
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

やりたいこと

  • ゲストOSの特定ディレクトリの内容を、ホストOSに同期したい

これだけ!!

逆は出来るんですよね。
VagrantFileに config.vm.synced_folder "ホストOS側のディレクトリ", "共有先ゲストOSのディレクトリ"って。

でも、ゲストOSからホストOSへは同期出来ないんですよ・・

対応

結論からいうと、vagrant-rsync-backというvagrantのplugin使えば一発でした。

$ vagrant plugin install vagrant-rsync-back
$ vagrant rsync-back

これで、VagrantFile内のconfig.vm.synced_folderで書いたゲストOSのディレクトリの内容が、ホストOS側に同期されます。

っしゃ!

余談

なぜ、こんな事がやりたかったのか?
実は、Macで大量のデータをExcelに出力する。って事がやりたかったんですが、
macでphpExcel使おうとしたら、何かcomposer周りでハマったんですよね。

で、もう面倒臭いなぁ。って事で、vagrantでcentos立ち上げて、そこで作業してたんです。
最初、処理元の大量のデータはvagrantの同期機能で問題なくできたんですが、
そこで処理して出来上がったExcelファイルをホスト側に同期出来なかったので意味無かったんですよね。

で、今回のに至ったと。
以上です。ではまた。