PINE 64 ベンチマーク

  • 9
    いいね
  • 0
    コメント

はじめに

Raspberry PI3ですら仕事が忙しくて触れていないのに、
KickStarterで注文していた事を忘れていたPINE64が届いた。
Raspberry PI3同様とりあえずベンチマークしてみた。

20/4/2016追記
Pine64はまだドライバが未成熟との公式報告がありました。
近々アップデートされるようなのでその後追加ベンチする予定。

関連リンク(28/9/2016 Update)

NanoPiNeo ベンチマーク

Pine64とは

世界初の64bit CPUを載せて$19で提供すると言っていたプロジェクト。
世界初の座はRaspberryPI3に抜かされてしまったが安さでは負けていない。
またGigabitEthernetが付いているなど優秀な点もある。
スペックなどは以下から参照のこと。

Pine64公式
https://www.pine64.com/
今回は$19の1GB版を使用した。2GB版はまた後日届く予定。

Pine64 Wiki (ブートイメージなどはこちらから入手可能)
http://wiki.pine64.org/index.php/Main_Page

使用環境

RaspberryPI2, 3 : Raspbian 2016-2-26
Pine64 1GB : Ubuntu 20160403-1 Michael Larson版

ベンチマーク

いつも通りUnixBench 5.1.3を動作してみる。
結果は以下の通り。
RaspberryPI2,およびRaspberryPI3のスコアは前回記事のものを使用。

System Benchmarks Index Values RPi2 RPi3 Pine64
Dhrystone 2 using register variables 1031.4 1375.1 520.0
Double-Precision Whetstone 317.3 537.4 197.6
Execl Throughput 288.0 535.0 91.2
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 295.8 600.0 264.9
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 196.5 381.2 184.0
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 545.0 987.8 469.7
Pipe Throughput 600.1 921.8 263.5
Pipe-based Context Switching 305.2 524.4 147.3
Process Creation 211.2 421.0 96.0
Shell Scripts (1 concurrent) 618.7 1092.5 451.5
Shell Scripts (8 concurrent) 583.1 958.3 870.1
System Call Overhead 1111.6 1684.9 450.9
--- --- --- ---
System Benchmarks Index Score 435.3 750.8 268.7

総評

・思っていたよりスコアが低い。
・CPUが非常に発熱している(60度程度)
 RaspberryPI3につけていたのと同型のヒートシンクでは冷却性能が足りないかも。
 性能についてはそもそも期待したほど性能がなかったのかもしれないが、
 まだRaspbianと比べてOSがこなれていないのかもしれない。

現状況では情報量等を含めると、やはりRaspberryPI3を購入したほうが良いだろう。