MAMP使い方・設定手順 覚書

  • 74
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

MAMP使い方・設定手順

仕事PCがMACに変わり、ローカルでの開発環境をスムーズに行えるようにMAMPの設定・プロジェクト設定のメモになります。

色々と参考記事に、自分の設定手順をまとめてみました。

  • MAMPのダウンロード
  • MAMPのインストール
  • バーチャルホストのカスタマイズ
  • httpd.conf を設定
  • hosts を編集
  • MAMPの再起動
  • SSIを有効にする

MAMPのダウンロード

MAMPの公式サイトからダウンロードする

MAMPのインストール公式サイト
img01.png

MAMPのインストール

無料で使いたい方は、MAMP FREEのDownloadをクリックしZIPを解凍してください。

解凍したファイルにdmgファイルをダブルクリックで実行

問題なければ、"Agree"をクリックします。

MAMPとMAMP PROというフォルダが作成されるので、アプリケーションフォルダへドラッグ

MAMPの中にMAMP.appというファイルがあるので、ダブルクリックで実行

警告アラートが出てきたら、MAMPを起動をクリック

img02.png

【サーバを起動】をクリックし【スタートページを開く】をクリックし下記の画面が表示されれば成功です。

img03.png

バーチャルホストのカスタマイズ

次にバーチャルホストの設定になります。

MAMPインストール時は、/Applications/MAMP/htdocs/がローカルディレクトリとして設定されています。

http://localhost:8888/ をブラウザで確認することができます。

これだけでは、プロジェクトごとに複数設定することができないため、

事前に複数のプロジェクトで動かせるようにバーチャルホストの設定を行います。

バーチャルホストの設定は以下の2ファイルになります。

  • /Applications/MAMP/conf/apache/httpd.conf
  • /Applications/MAMP/conf/apache/extra/httpd-vhosts.conf ※作業前に、上記ファイルのバックアップをとる

httpd.conf を設定

  • /Applications/MAMP/conf/apache/httpd.conf

ファイルをテキストエディタで開きます。

ソースコード 574行目付近に該当のコードが記述されています。

 # Virtual hosts
 # Include /Applications/MAMP/conf/apache/extra/httpd-vhosts.conf

#はコメントアウトしている意味

この二行目の先頭にある#を削除し、有効にさせます。

 # Virtual hosts
Include /Applications/MAMP/conf/apache/extra/httpd-vhosts.conf

httpd-vhosts.confを設定する

  • /Applications/MAMP/conf/apache/extra/httpd-vhosts.conf

ファイルをテキストエディタで開きます。

このファイルの編集は、主に開発環境を行うディレクトリの設定になります。

27行目付近に既にバーチャルホストの設定サンプルが記述しています。

<VirtualHost *:80>
    ServerAdmin webmaster@dummy-host.example.com
    DocumentRoot "/Applications/MAMP/Library/docs/dummy-host.example.com"
    ServerName dummy-host.example.com
    ServerAlias www.dummy-host.example.com
    ErrorLog "logs/dummy-host.example.com-error_log"
    CustomLog "logs/dummy-host.example.com-access_log" common
</VirtualHost>

<VirtualHost *:80>
    ServerAdmin webmaster@dummy-host2.example.com
    DocumentRoot "/Applications/MAMP/Library/docs/dummy-host2.example.com"
    ServerName dummy-host2.example.com
    ErrorLog "logs/dummy-host2.example.com-error_log"
    CustomLog "logs/dummy-host2.example.com-access_log" common
</VirtualHost>

上記のサンプル設定の下に、開発環境を行うディレクトリを設定します。

取り急ぎ設定のため、無駄なものを端折り下記のような形でバーチャルホストの設定をしました。

  • 【DocumentRoot】は開発環境のディレクトリを設定
  • 【SeverName】はテストサイトの名前を任意で設定
<VirtualHost *:80>
 DocumentRoot "/Users/ユーザ名/開発環境までのパス"
 ServerName ドメイン名(任意).local
</VirtualHost>

上記の手順でバーチャルホストの設定を増やしていき、複数の環境を作っていきます。

hosts を編集

ドメインでアクセスするためには、httpd.configだけではアクセスできません。

OS本体にあるhostsファイルを修正する必要があります。

※指定されたドメインをIPアドレスに変換するためのファイルになります。

hostsファイルの編集は、ターミナル・GUIどちらでも設定することが可能です。

GUIの編集手順

だれでもできるように、GUIのみ紹介したいと思います。

img04.png

Finder の【移動 > フォルダへ移動】を選択します。

入力ダイアログが出てきたら、下記を入力し移動します。

/private/etc/

該当のディレクトリが開けたら、hostsファイルをテキストエディタで開きます。
※作業前に、上記ファイルのバックアップをとる

/private/etc/hosts

httpd-vhosts.confで追加した任意のドメイン名をIPアドレスと紐付ける

127.0.0.1   ドメイン名(任意).local

MAMPの再起動

上記の設定が環境したら、MAMPを再起動する

再起動後、設定したドメインで表示されれば成功です。

SSIを有効にする

案件で、SSIで読み込んでいるページが多いため設定しました。

httpd.configを開く

  • /Applications/MAMP/conf/apache/httpd.conf ソースコード514行目付近
#AddType text/html .shtml
#AddOutputFilter INCLUDES .shtml

上記コードの#を削除して.htmlを追加します。

AddType text/html .shtml
AddOutputFilter INCLUDES .shtml .html

次に、ソースコード206行目付近

Options Indexes FollowSymLinks

【ExecCGI Includes】(CGIとSSIの使用を許可)を追加します。

Options Indexes FollowSymLinks ExecCGI Includes
AllowOverride None

最後に...

参考記事を読んでいる中、色々と設定できることを知りました。

今回は、自分の環境構築の手順だったので、そこまで深く調べきれていません。

もう少し時間があるときにでも、覚え書きメモを追加していこうと思います。

参考記事