Sublime Text2でLaravel4開発をするならsublime-laravelgeneratorが便利!

  • 9
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

SublimeText2+Laravel4で開発を行なうときに便利なプラグインをご紹介します。

前回書いたLaravel4を使って最速簡易ブログ作成の方法でscaffoldingなどを便利に行なえるようにするLaravel4-generatorを紹介しました。sublime-laravelgeneratorを導入すれば、それらコマンドをいちいちターミナルから実行すること無くSublimeText2上から実行できるようになります。

インストール

  1. Package InstallからLaravel4 generatorを検索してインストール

インストールはこれだけです(笑)

これでコマンドパレットを開き、「laravel」と入力すると以下のようなコマンドがずらっとでてきます。

スクリーンショット 2013-08-29 18.25.18.png

使い方

例えばscaffoldの場合は、
1.まずmigrateするテーブル名を入力します。ここではdogsにします。

スクリーンショット 2013-08-29 18.36.21.png

  1. 次にdogsテーブルのカラム名をいれます。ここでは、nameとageカラムを作成します。

スクリーンショット 2013-08-29 18.40.07.png

3.これで、dogsに関するcontroller,model,view,routes,migration,seedファイルが出来上がり。

スクリーンショット 2013-08-29 22.14.13.png

参考)Pro Workflow in Laravel and Sublime Text