Raspberry Pi3にVPNサーバーとVNCサーバー立ててiPhoneから艦これするまでメモ(その1)

  • 19
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

流れ

OSインストール

初期設定

VPNサーバー立てる ←この記事ではここまでやる

Chromiumインストール

VNCサーバー立てる

iPhoneから艦これ!

SDのフォーマット

SDフォーマッターとかでSDをフォーマットしておく。

NOOBSのダウンロード

Raspberry Pi公式サイトよりDOWNLOADS -> NOOBSと進みNOOBSをダウンロード(LITEじゃないよ)

image

ダウンロードしたら解凍して中身を全てSDカードにコピー。

OSインストール

SDカードをRaspberry PiにさしてOSインストール。(OSはもちろんRasbianを選択)

Raspberry Pi 3でRaspbian Jessieをセットアップする方法を参考に
Menu -> Preferences -> Raspberry Pi Configurationより
Systemタブ内
Password
HostName
を設定。

Localisationタブ内
Locale (Japan/UTF-8)
TimeZone (Asia/Tokyo)
Keyboard (日本語)
Wifi Country (Japan)
を設定。

初期設定

日本語環境インストール
画面左上のパソコンみたいなマークよりターミナルを起動。
sudo apt-get update
sudo apt-get -y install fonts-vlgothic ibus-mozc

vimインストール
sudo apt-get -y install vim

ここまで終わったら再起動して各種アップデートを行う。

reboot
----再起動処理-----

再起動したら再びターミナルを起動して
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade
sudo rpi-update

VPNサーバーの設定

参考サイト
Raspberry PiとSoftEtherでVPN接続(Raspbian Jessie)
MacユーザがRaspberry Pi2をセットアップする-1
Raspberry Pi 2 Model B で L2TP/IPSec VPNサーバを構築してみた(その1)

ブリッジユーティリティをインストール

sudo apt-get -y install bridge-utils

Raspberry Piに固定IPを設定している場合は、
sudo vim /etc/dhcpcd.conf
を編集し該当箇所をコメントアウトか削除しておく。

sudo vim /etc/network/interfaces
でbridgeの設定を以下のように追記。

/etc/network/interfaces

auto lo
iface lo inet loopback

iface eth0 inet manual

allow-hotplug wlan0
iface wlan0 inet manual
    wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

allow-hotplug wlan1
iface wlan1 inet manual
    wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

#以下追記
auto br0
iface br0 inet static #固定IP
address 192.168.3.20 #Raspberry PiのIPアドレス
netmask 255.255.255.0 #サブネットマスク
broadcast 192.168.3.255 #ブロードキャストアドレス
gateway 192.168.3.1 #ゲートウェイ(うちの場合はルータ)
bridge_ports eth0 #bridgeするポート
bridge_maxwait 10

SoftEtherのインストール

SoftEtherのサイトからVPNサーバーをダウンロード。

image

ここからはルートで作業。
su -

ダウンロードしたファイルを解凍し、makeを実行。
cd ダウンロードしたファイルのあるフォルダまでのPath
tar zxvf ファイル名
cd vpnserver
make

ディレクトリを/usr/local/に移動。
cd ../
mv vpnserver /usr/local/

パーミッションを変更。
cd /usr/local/vpnserver
chmod 600 *
chmod 700 vpn*

起動スクリプト作成。
vim /etc/init.d/vpnserver

/etc/network/interfaces
#!/bin/sh
### BEGIN INIT INFO
# Provides:                 vpnserver
# Required-Start:           $local_fs $network
# Required-Stop:            $local_fs $network
# Default-Start:            2 3 4 5
# Default-Stop:             0 1 6
# Short-Description:        SoftEther VPN 4.18 RTM
# Description:              Start vpnserver daemon SoftEther VPN 4.18 Server
### END INIT INFO

DAEMON=/usr/local/vpnserver/vpnserver
LOCK=/var/lock/vpnserver

. /lib/lsb/init-functions
test -x $DAEMON || exit 0

case "$1" in
start)
sleep 3
log_daemon_msg "Starting SoftEther VPN 4.18 Server" "vpnserver"
$DAEMON start >/dev/null 2>&1
touch $LOCK
log_end_msg 0
sleep 3

# SoftEther VPNで追加した仮想tapデバイス名を調べる
tap=`/sbin/ifconfig -a| awk '$1 ~ /^tap/ {print $1}'`
/sbin/brctl addif br0 $tap
;;

stop)
log_daemon_msg "Stopping SoftEther VPN 4.18 Server" "vpnserver"
$DAEMON stop >/dev/null 2>&1
rm $LOCK
log_end_msg 0
sleep 2
;;

restart)
$DAEMON stop
sleep 2

$DAEMON start
sleep 5
# SoftEther VPNで追加した仮想tapデバイス名を調べる
tap=`/sbin/ifconfig -a| awk '$1 ~ /^tap/ {print $1}'`
/sbin/brctl addif br0 $tap
;;

status)
    if [ -e $LOCK ]
    then
        echo "vpnserver is running."
    else
        echo "vpnserver is not running."
    fi
;;
*)

echo "Usage: $0 {start|stop|restart|status}"
exit 1
esac
exit 0

実行権限を付与し、自動起動登録。
chmod +x /etc/init.d/vpnserver
apt-get -y install chkconfig
chkconfig --add vpnserver

ここまででRaspberry Pi側の設定は一旦終了。

管理マネージャー設定

Windows(or Mac)から管理マネージャーの設定をする。(参考サイト参照)

ルータ側でIP固定、ポート開放等

ルータ側でRaspberry Piの固定IPを指定。
また、VPN接続のためにUDP/500とUDP/4500を開放。

iPhoneから接続確認

設定→一般→VPN→VPN構成を追加→L2TP

説明:適当な名前
サーバ:DDNS(***.softether.net)
アカウント:サーバに登録したユーザ@ハブ名(例:test@vpn)
RSA SecurID:オフ
パスワード:ユーザに設定したパスワード
シークレット:IPsec事前共有鍵
すべての信号を送信:オン

接続できれば完了。お疲れさまでした。