【Unity】 Xcodeの"Failed to create provisioning profile"エラーをとりあえず解決して実機で動かせるようにする

  • 1
    Like
  • 0
    Comment

はじめに

UnityでiOSビルドしたらXcodeで以下のようなエラーが出たので備忘録を残しておきます。
0.png

本記事では、このエラーを解決してiOS実機でアプリを動かすまでの手順をご紹介いたします。

環境

macOS Sierra バージョン 10.12.2
Xcode 8.2.1 (8C1002)
Unity5.5.0f3

iOS バージョン9.3.4

Unity側の設定

まずはUnityのBundle Identifierを設定します。

STEP1
Build Settings の "Player Settings..." をクリック
0.png

STEP2
Bundle Identifierがデフォルトではcom.Company.ProductNameになっているのでこれを変更します。
1.png



次にXcodeの設定をいじります。

Xcode側の設定

STEP1
Generalタブ
Signing -> Automatically manage singingのチェックを外す




STEP2
Build Settingsタブ
Singing -> Code Signing Identityの部分をiOS Developerに変更




STEP3
Generalタブ
Signing -> Automatically manage singingのチェックを入れる
Signing -> Teamを選択


STEP3を完了すると以下のような画面になってビルド実行できるようになります。

iOS端末側の設定 (iOS9)

実行時に以下のようなメッセージが出る場合は実機上の設定を変更する必要があります。
1.png


STEP1
設定 -> "一般"を選択
IMG_1317.PNG


STEP2
"プロファイルとデバイス管理"を開く
IMG_1318.PNG


STEP3
登録した自分のアカウントを選択
IMG_1319.PNG


STEP4
"○○を信頼"を選択
IMG_1323.PNG

以上でビルドが通るようになるはずです。

参考URL

Unity : iOS実機デバッグまでの必要最低限の作業
http://indie-du.com/entry/2016/09/12/200000

[Unity] アプリをiPhone実機上でテストする
https://unity3d.sakura.ne.jp/unity/unity-for-ios.html