Ember.jsのコアな機能を学ぶためのサンプルプロジェクト

  • 6
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

https://github.com/puriketu99/minimal-ember.js-sample

Ember.jsとは?

JavascriptのMVCフレームワークのひとつ。
かなり新しめなので色々機能が充実しているが、ドキュメントが少ない。

特徴的な機能は?

一番の特徴はUI bindings。Javascriptの変数とhtmlの表示を同期することで、dom操作を少なくできる。
ちなみに、jsのオブジェクトのプロパティ間の自動同期とかもできる。

で、今回の記事は何?

そのEmber.jsの機能で個人的においしいと思うところを学べるように、機能を絞って動くプロジェクトをつくったので見てくださいという記事です。

どこに晒したの?

下記です。
https://github.com/puriketu99/minimal-ember.js-sample

このプロジェクトの目的は、Ember.jsの中心的な機能を学んでもらうことにあります。
学べる機能は、下記の5点です。

  1. 基本的なテンプレートの使い方
  2. 基本的なViewの使い方
  3. Controllerのプロパティを合成して新たなプロパティをつくる方法(property)
  4. Controllerのプロパティをバインディングして、Viewに自動的に伝搬する方法(binding)
  5. テンプレート用の自作のhelperを作成する方法

このプロジェクトは、最短手数でember.jsを実践的に使用できるようになることにフォーカスしています。

エクスキューズ達
#といいつつ、自分もあまり触りきれていないので、何か気になるところがあればガンガン指摘してください。
#routeとmodelはややこしいので外しました。