Macのターミナルでよく使うコマンドにエイリアスを作りました

  • 149
    いいね
  • 0
    コメント

Macでよく使うコマンドのエイリアスを作ろうと考えました。

エイリアスを設定することでコマンドの入力効率が改善し、ターミナルの作業スピードが向上します。

エイリアスを作成

まずはls -laコマンドのエイリアスをlallに指定しました。

bash_profileにエイリアスを記入
vi ~/.bash_profile

alias la='ls -la'
alias ll='ls -la'

即時反映したい場合は、sourceコマンドで反映します。

bash_profileの内容を読み込む
source ~/.bash_profile

その他よく使うコマンドにエイリアスを指定

VagrantやGitなどよくつかうコマンドを指定しました。

Vimにエイリアスを追加

viと打ったときにVimへのエイリアスを追加します。

bash_profileにVimのエイリアスを記入
vi ~/.bash_profile

alias vi='vim'

Vagrantコマンドのエイリアスを追加

Vagrant系のコマンドのエイリアスを追加します。

bash_profileにVagrantのエイリアスを記入
vi ~/.bash_profile

alias vh='vagrant halt'
alias vr='vagrant reload'
alias vs='vagrant ssh'
alias vu='vagrant up'

Dockerコマンドのエイリアスを追加

Docker系のコマンドのエイリアスを追加します。

bash_profileにDockerのエイリアスを記入
vi ~/.bash_profile

alias d='docker'
alias d-c='docker-compose'

Gitコマンドのエイリアスを追加

Git系のコマンドのエイリアスを追加します。

bash_profileにGitのエイリアスを記入
vi ~/.bash_profile

alias gb='git branch'
alias gc='git checkout'
alias gcb='git checkout -b'
alias gs='git status'
alias gst='git status'
alias gcm='git checkout master'
alias gpom='git pull origin master'
alias gmm='git merge master'

オプションも含んでエイリアスにできるので便利です。

新しくブランチを作るときにgit checkout -b ブランチ名とするのですが、

新しいブランチを作成
gcb ブランチ名

上記のようにするだけで新規ブランチを作成できました。

エイリアスを設定した感想

よく使うコマンドのタイプ量が少なくなるので便利になりますね(☝ ՞ਊ ՞)