Sails.jsと触れ合ってみた

  • 96
    いいね
  • 3
    コメント

Sailsがどこまで人気かわからないんですが、同僚がSails使って面白い事していたので僕もつられてSails触ってみる事にしました。

そもそもSailsとは?

SailsはNode.jsのフレームワークの一つです。
Node.jsのMVCフレームワークってSinatraっぽいフレームワークかrailsっぽいやつにわかれるんですが、Sailsは名前からも想像出来る通りRuby on Rails Likeなフレームワークです。

Node.jsのフレームワークの情報が知りたい人は以下のサイトを見ると良いかと思います。

Node Frameworks

インストール

まあNode.jsなんでインストールは簡単なわけですよ。そうnpmを使うから。

sudo npm -g install sails

プロジェクトを作成する

ほぼRailsとコマンドを一緒ですね。

$ sails new sailstest
debug: Building new Sails.js app in ./sailstest...

info: New app created!

HTTPサーバーでアクセスしてみる

sailsは普通にliftというコマンドをたたけばHTTPサーバとして動くようです。

$ sails lift

info: Starting app...

info:
info:
info:    Sails              <|
info:    v0.10.5             |\
info:                       /|.\
info:                      / || \
info:                    ,'  |'  \
info:                 .-'.-==|/_--'
info:                 `--'-------'
info:    __---___--___---___--___---___--___
info:  ____---___--___---___--___---___--___-__
info:
info: Server lifted in `/Users/polidog/workspace/nodejs/sailstest3`
info: To see your app, visit http://localhost:1337
info: To shut down Sails, press <CTRL> + C at any time.

debug: --------------------------------------------------------
debug: :: Mon Nov 03 2014 10:23:26 GMT+0900 (JST)

debug: Environment : development
debug: Port        : 1337
debug: ----------------------------

あとはブラウザから「http://localhost:1337」にアクセスすれば表示されるはずです。
スクリーンショット 2014-02-12 23.11.10.png

まあここまではなら猿でもわかるわけですよ。ここからここから。

簡単にユーザー登録を作ってみる

コマンドラインからまずはcontrollerとmodelを生成します。

$ sails generate api user
$ sails lift

これでコントローラとモデルがapi/ディレクトリの中に生成されます。
http://localhost:1337/user/に直接アクセスするとjsonを吐いてくれます。
さて、では次のようにアクセスしてみましょう。
http://localhost:1337/user/create/?name=polidog

するとどうなるでしょうか?
以下のようにjsのレポンスが帰ってくると思います。

{
  "name": "polidog",
  "createdAt": "2014-02-12T14:59:48.492Z",
  "updatedAt": "2014-02-12T14:59:48.492Z",
  "id": 2
}

では再びhttp://localhost:1337/user/にアクセスしてみましょう。
次は登録されているはずなので以下のようなjsonを返します。

[
  {
    "name": "polidog",
    "createdAt": "2014-02-12T15:02:00.797Z",
    "updatedAt": "2014-02-12T15:02:00.797Z",
    "id": 1
  }
]

スクリーンショット 2014-02-13 0.02.53.png

ちょー便利。何もしなくてもここまでできるのは素敵ですね。

適当にviewを表示してみる

まずはコントローラに追記をしてみましょう。

api/controller/user.js
module.exports = {

  _config: {},

  test: function(req,res){
    res.view();
  }
};

次にviewを作成します。

views/user/test.ejs
test

これであとはhttp://localhost:1337/user/testにアクセスしましょう。
すると以下のようなメッセージが表示されます。
スクリーンショット 2014-02-13 0.13.33.png

jadeを使ってみる

どうです?簡単ですね?
え、jadeが使いたい?そうですね僕もjadeが使いたいです。ってことで試してみた。

1. まずはconfig/views.jsのengineの値を変更する

config/views.js
--engine: 'ejs',
++engine: 'jade',

2. 次にviews/layout.jadeを作成する

layout用のjadeを用意しましょう。

views/layout.jade
!!! 5
head
  title New Sails App
  meta(name="viewport", content="width=device-width, initial-scale=1, maximum-scale=1")
  link(rel="stylesheet", href="/styles/importer.css")
  body
    <%- body %>

    script(src="";/js/dependencies/sails.io.jp)

3. views/homepage.jadeを用意する

こんな感じ。

views/homepage.jade
div#hoge.container
    p これはテストです。

4. npm updateを行う

まずはpackage.jsonにjadeを追加

package.json
{
    "name": "sailstest",
    "private": true,
    "version": "0.0.0",
    "description": "a Sails application",
    "dependencies": {
        "sails": "0.9.8",
        "grunt": "0.4.1",
        "sails-disk": "~0.9.0",
        "ejs": "0.8.4",
        "optimist": "0.3.4",
        "jade": "1.1.5"
    },
    "scripts": {
        "start": "node app.js",
        "debug": "node debug app.js"
    },
    "main": "app.js",
    "repository": "",
    "author": "polidog",
    "license": "MIT"
}

あとはnpm updateを行う

$ npm update

これだけ。

5.ブラウザで確認する

最後にブラウザで表示の確認をしてみましょう。
先ほどのと一緒のhttp://localhost:1337/user/testにアクセスしましょう。
すると表示が以下のようになっています。

スクリーンショット 2014-02-13 0.29.17.png

最初からjadeを使う

もちろん最初からjadeをしているする事も出来るわけです。

$ sails new project_name --template=jade

これで最初からjadeを使う事ができますよー。

注意

Sails0.10.5だとどうやらうまくJadeが使えないぽいです。

最後に

結構簡単にsailsは扱えると思います。
ちなみに他にもまだまだ機能が沢山あります。その辺は次回また紹介します。
おしまい。