JupyterでRを使う。

  • 28
    Like
  • 1
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

IPythonからいつの間にか名前を変えていたJupyterですが、名前を変更した理由が「Python以外にも対応してきたし、IPythonって名前はおかしいんじゃね!?」ということらしい。
その恩恵にあやかって、Jupyter上でRを使って開発できるように環境を作る。

作業環境

  • MacOS X Yosemite
  • Jupyter 1.0.0 (Python 3.4.4 :: Anaconda 2.4.1)
  • R 3.2.2

Jupyterはpyenvから入れたAnacondaに入っていたもので、RはHomeBrewを使って入れました。

以上の状態でRを立ち上げてコンソールに入り、以下のようにコマンドを実行。

> install.packages(c('repr', 'IRkernel', 'IRdisplay'), repos = c('http://irkernel.github.io/', getOption('repos')))
> IRkernel::installspec()

Jupyter上でRを動作させるためのカーネルを入れて設定するよ!という手順。

後は、

$ jupyter notebook

からJupyterを起動して、右上の新規ファイルメニューに「R」が追加されているのが確認できたら完了です。

※ ちょっと補足

もう一つの方法として「PythonにRをパッケージとして突っ込んで動作させる(要Anaconda)」という手順もあります。

$ conda install -c r r-essentials

これでも確かにできるのですが、Rへの追加パッケージインストールがうまくできないので僕はやめました。
コンソールでRを起動してもパッケージとしてインストールしたRが起動せず、コンソール上からもパッケージを追加できない状態になりました。(もしかしたら、すでにMacにRをインストールしていたのが原因か?)