VMwareでの接続方式(NAT/ブリッジ/ホストオンリー)の違い

  • 22
    いいね
  • 1
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

VMware Player等の仮想化サーバを利用する際、ゲストマシンのネットワーク接続方式の設定で違いの分からない選択肢(NAT、ブリッジ、ホストオンリー)がありました。これらの違いについて調べてみました。

ネットワーク接続設定の種類と特徴

NAT接続
  • ゲストOSが、ホストOSをNATとしてネットワークにつなぐ接続方式
  • ゲストOSとホストOS間は繋がらない。
  • ゲストのIPアドレスは、DHCPによって付与されるためリブートの度に変更される。
  • そもそもNATとは…Network Address Translation(ネットワークアドレス変換)。例えば、ローカルネットワーク/インターネット間でプライベートIPとグローバルIPを入れ替える働きをするもの。
ブリッジネットワーク
  • ゲストOSがホストOSと同じネットワーク上に並列のように繋がる(親となるブリッジが一緒というイメージ?)
  • ゲストOSとホストOSの間は繋がる。同じネットワーク上の他のPCからも見える。
ホストオンリーネットワーク
  • ホスト OS と ゲスト OS 間のネットワーク。

参考