mxnetをWindowsにインストール

  • 1
    いいね
  • 0
    コメント
  • ビルド済みのライブラリはこちら https://github.com/yajiedesign/mxnet/releases
  • 20170304_mxnet_x64_vc14_gpu (A)
  • prebuildbase_win10_x64_vc14 (B)
    • の2つをDLし、C:\Program Files\mxnetに配置
  • Aの中身をBにコピーする
  • C:\Program Files\mxnet\prebuildbase_win10_x64_vc14\3rdparty\cudnn にcuDNNを配置する
  • CUDAの設定は済んでいるとする
  • setupenv.cmdは実行すると環境変数を自動設定するが、cmdでは1024以上の文字列は切り捨てるので危険。避けるべし
    • もし実行してしまってPATHが吹っ飛んだら、生きているcmdでPATHと打って復元を試みる
  • PATHをGUIから通す

環境変数名の編集 2017-03-04 18.34.53.png

  • cmdでpythonを起動し、import mxnetが通ることを確認する