CentOS6/CentOS7にPHP5.6/PHP7をyumでインストール

  • 250
    いいね
  • 0
    コメント

はじめに

CentOS6系の標準リポジトリのPHPバージョンは5.3、
CentOS7系の標準リポジトリのPHPバージョンは5.4です。

それ以外のバージョンを使用したい場合は、リポジトリを追加してのインストール作業が必要になります。

今回は、PHP5.6とPHP7.0のインストール手順について記載します。
(※2016-02-19現在の情報です)

Yumリポジトリ追加

EPELとRemiリポジトリを追加します。

EPELリポジトリ

[CentOS6系]
yum install epel-release
または
rpm -Uvh https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-6.noarch.rpm

[CentOS7系]
yum install epel-release
または
rpm -Uvh https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-7.noarch.rpm

※EPELは既に入っているかも

Remiリポジトリ

[CentOS6系]
rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

[CentOS7系]
rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

リポジトリがrpmコマンドで直接追加できない場合

wgetコマンドで一旦ローカルに落としてから、rpmコマンドを実行する。

wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm
rpm -Uvh remi-release-6.rpm

参考

https://fedoraproject.org/wiki/EPEL/ja
http://rpms.famillecollet.com/

現在のPHPバージョンを確認

rpm -qa | grep php

既に古いバージョンがインストール済みの場合、削除しなくてもアップデートされるが、一応消しておく。
yum remove php-*

PHP5.6をインストール

yum install --enablerepo=remi,remi-php56 php php-devel php-mbstring php-pdo php-gd

PHP7.0をインストール

yum install --enablerepo=remi,remi-php70 php php-devel php-mbstring php-pdo php-gd

インストール結果確認

rpm -qa | grep php
php --version

php.iniを編集

vi /etc/php.ini

以下に変更する (環境に応じて)

php.ini
date.timezone = "Asia/Tokyo"

mbsting.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = UTF-8
mbstring.http_input = UTF-8
mbstring.http_output = pass
mbstring.encoding_translation = On
mbstring.detect_order = auto
mbstring.substitute_charset = none

Composerをインストール

ダウンロード
curl -sS https://getcomposer.org/installer | php

パスが通っている場所にリネームする
mv composer.phar /usr/local/bin/composer