2014年 Webアプリケーションフレームワークトレンド(Node.js)

  • 155
    いいね
  • 3
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

2014年 Webアプリケーションフレームワークトレンド(PHP / Java / Ruby / Python / Perl)を見ていて「Node版がない!」と思ったので、勢いで作ってみました。

Node.js フレームワークトレンド(2014年12月17日時点)

Name Latest Release GitHub Stack Overflow Qiita
1 Meteor 2014-12-09 v1.0.1 21,304 8,232 27
2 Express 2014-12-13 v4.10.6 16,742 12,143 132
3 Sails.js 2014-08-30 v0.10.5 8,668 1,775 40
4 MEAN 2014-11-26 v0.4.1 5,690 111 14
5 Koa 2014-12-16 v0.4.0 5,226 84 14
6 Hapi 2014-12-16 v8.0.0 3,531 100 0
7 Derby 2014-02-22 v0.5.16 3,545 78 0
8 SocketStream 2014-10-16 v0.3.11 3,136 34 0
9 Kraken 2014-08-07 v0.6.2 3,122 68 0
10 Restify 2014-12-11 v2.8.4 2,976 226 0
11 KeystoneJS 2014-09-13 v0.1.11 2,246 50 0
12 Total.js 2014-10-20 v1.6.3 1,204 12 0
13 Synth 2014-08-27 v0.6.0 964 0 12

感想

状況としては PHP と同じく乱立気味で、いまだ絶対的なポジションを築いているフレームワークはない感じ。
Meteor はやたら GitHub スターを集めている(Rails と同レベル!)ものの、まだまだ実用例は少ないかと思っていたら、Stack Overflow の投稿が8,000件を超えていたのが意外。

個人的には Sails.js にがんばってもらいたいのですが、最後のリリースが8月って開発スピードが鈍ってそうなのが不安。
また、最近 Qiita で Synth の投稿をよく見かけるのでそこそこ流行ってるのかと思ったら、Stack Overflow では投稿ゼロだったので、盛り上がってるのは実は日本だけ?

で、けっきょく勝ち馬に乗りたい人はどれにすればいいのでしょう。
Meteor はどうもキワモノっぽくてなかなか手が出せないのですが、勢いは一番なのでやっぱり Meteor なのでしょうか。

追記

@masakielastic のコメントを参考に HapiRestifyKeystoneJS を追加しました。