RubyPico - スマホで楽しくプログラミングできるRuby開発環境

  • 15
    いいね
  • 1
    コメント

この記事は個人開発者 Advent Calendar 2016 - Qiitaの1日目の記事です。今日は私(おんがえし)が趣味で開発しているスマホ専用のプログラミングアプリRubyPicoを紹介します!

個人開発者 Advent Calendarは、個人(数人でもOK)が趣味で作っているものを発表していくアドベントカレンダーです。制作物の規模、言語やジャンルは問いませんのでお気軽にご参加ください。(まだまだ空きがありますので引き続き参加者募集中です!)

RubyPicoとは?

http://rubypico.ongaeshi.me/

スマホで楽しくプログラミングできるRuby開発環境。ファイルビューワ、エディタ、実行環境を含みます。(無料です)

PC環境がなくてもRubyを使ったプログラムが書けるようになります。便利なツールやゲームを作ったり、他のアプリの起動、Web APIなど用途はさまざまです。まずはRubyを学習してみたい人にも最適です。

インストール

App Storeからダウンロードできます。

irb

rubypico-advent-01.png

Rubyを対話的に実行することができます。Rubyの機能をちょっと確認してみたり、便利な電卓としても使えます。irbを使うためにRubyPicoをインストールしている人もいるようです。

Rubyのコードがそのまま動く

RubyPicoはmrubyというRubyの兄弟を使って作られているため、世の中にたくさんあるRubyのサンプルコードがそのまま(もしくは少しの修正で)動かすことができます。

以下は初めてのRuby(Rubyのために書かれた本です)という書籍内で紹介されていた素数を求めるプログラムです。

(2..100).each do |candidate|
  sqrt = Math.sqrt(candidate)
  factor_found = (2..sqrt).any? {|i| candidate % i == 0}
  if factor_found then
    print "#{candidate} は合成数\n"
  else
    print "#{candidate} は素数\n"
  end
end

RubyPico向けに少し調整してありますが、以下のようにちゃんと動きます。

rubypico-advent-02.png

RubyPicoが使えるようになればRubyも書けるようになる(かもしれない)、ということでもあります。

RubyはGitHubクックパッドといったたくさんの人達に使われているサービスを作るために世界中で使われているプログラミング言語です。RubyPicoをきっかけにRubyに興味が沸いたら是非Rubyにもチャレンジしてみてください。

もっと知りたい

RubyPicoはまだまだ開発中のアプリケーションです。最新情報は私のブログに投稿されますのでそちらをご覧ください。

チュートリアルとして20分ではじめるRubyをRubyPicoを使ってやるのもよいかもしれません。

最新版ではこんなこともできます。

この投稿は 個人開発者 Advent Calendar 20161日目の記事です。