1. Qiita
  2. Items
  3. GoogleDataStudio

Google Data Studio ~ スプレッドシートのデータを読み込む方法 ~

  • 7
    Like
  • 0
    Comment

スプレッドシートの内容をGoogle Data Studioでビジュアライズしたい!

独自で作成したスプレッドシートとかの内容をGoogle Data Studioでいい感じにビジュアライズしたいと思い、その方法を紹介していきます〜!

※ Google Data Studioってなんだよ?っていう簡単な説明はこちら!!!

実際にスプレットシートとGoogle Data Studioを連携させてみよう!

スプレッドシートのデータを用意

今回はサンプルデータとして、書籍の進捗具合のデータを用意しました。
※ 日々の学習を管理したいなぁ〜と思い・・・!

スクリーンショット 2016-12-17 23.13.51.png

Google Data Studio の新規レポートを作ろう!

  1. Google Data Studioにアクセスする。
  2. 「新しいレポートの開始」の「空白」を押す。

スクリーンショット 2016-12-17 23.17.53.png

これで、こんな感じのレポートができる。

スクリーンショット 2016-12-17 23.21.17.png

新しいデータソースを作成しよう!

  1. 右下の青いボタン「新しいデータソースを作成」を押す。
  2. Googleスプレッドシートを選択する
  3. データソースとしたい「スプレッドシート」と「ワークシート」を選択する
    1. 先頭行をヘッダーとして使用したい場合は「先頭行をヘッダーとして使用する」にチェックを入れる。
  4. 「接続」ボタンを押す。

スクリーンショット 2016-12-17 23.32.25.png

そしたら、以下のような感じの画面に移るので、「レポートに追加」ボタンを押す。
スクリーンショット 2016-12-17 23.36.44.png

実際にレポートを作成していこう!

最初はこんな感じ。
スクリーンショット 2016-12-17 23.52.12.png

スコアカード

最初はスコアカードなるものをセットしてみよう!
スクリーンショット 2016-12-17 23.52.55.png

適当に追加したら、最初はこんな感じ・・・!
スクリーンショット 2016-12-17 23.55.42.png

可視化したいデータを選択していこう!
まず、指標を変更する。ココをクリックする。

スクリーンショット 2016-12-17 23.56.29.png

今回は既読率の総和を可視化しようと思うので、「既読」を選択する。
そしたら、こんな感じになる。
スクリーンショット 2016-12-18 0.01.04.png

既読率なので単位を「%」にしたい・・・!
ということで、データソースを編集しましょう!
データソースを編集を編集するにはココをクリックする。
スクリーンショット 2016-12-18 0.20.16.png

こんな感じの画面になる。
スクリーンショット 2016-12-18 0.21.49.png

「既読」の「数値 > %」を選択する。
スクリーンショット 2016-12-18 0.22.13.png

そしたら、こうなる!
※ 今回のサンプルデータだと「1冊100% × 5冊 = 500%」なので、以下の数値で妥当と思われる。
スクリーンショット 2016-12-18 0.24.04.png

棒グラフ

次に棒グラフをセットしてみよう!
スクリーンショット 2016-12-18 0.27.05.png

適当に追加したら、最初はこんな感じ・・・!
スクリーンショット 2016-12-18 0.29.06.png

指標を変更しよう!
「既読」と「未読」を追加して「ID」を消すと、こんな感じ。
スクリーンショット 2016-12-18 0.37.50.png

積み上げ棒グラフにしてみよう!
「スタイル」をクリックして、「積み上げ棒グラフ」にチェックを入れるとこんな感じになる!
スクリーンショット 2016-12-18 0.40.36.png

さらに、データラベルを表示したり、単色を解除して、好きな色を選択したり、いい感じにカスタマイズすると以下のような感じなる!
スクリーンショット 2016-12-18 0.44.21.png

横にしてみる。
スクリーンショット 2016-12-18 0.47.37.png

フィルターオプション

閲覧時にデータにフィルターをかけることができる機能があるので、それをつけてみよう!

スクリーンショット 2016-12-18 0.52.21.png

適当に追加したら、最初はこんな感じ・・・!
スクリーンショット 2016-12-18 0.58.24.png

指標を「既読」にするとこんな感じ!
スクリーンショット 2016-12-18 0.59.56.png

この機能、編集時は「ただの表じゃん!」ってなるけど、閲覧モードにするとこの機能の威力が分かる。

さぁ〜完成したレポートを見てみよう!

編集モードと閲覧モードを切り替えるには右上のここをクリックする!
スクリーンショット 2016-12-18 1.03.46.png

閲覧モードはこんな感じ。
スクリーンショット 2016-12-18 1.06.07.png

フィルター機能を使うと、見たいデータだけを絞り込んでくれる!!!
便利!!!
スクリーンショット 2016-12-18 1.07.49.png

最新のデータを取得する場合はここの時計マークをクリックする。
スクリーンショット 2016-12-18 1.07.49 2.png

ということで、スプレッドシートの内容をGoogle Data Studioでビジュアライズする際のやり方の概要はこんな感じです!
色々活用できそうでいい感じですね〜!