1.13以降はMAINTAINERの代わりにLABELを使うようにしよう

  • 7
    いいね
  • 0
    コメント

https://github.com/docker/docker/pull/25466

こちらによると、Docker 1.13からMAINTAINERの使用が非推奨(deprecated)となったようです。

互換性は保たれるとのことで、従来のDockerfileが動かなくなるということは無いですが
今後新規に作成するDockerfileでは対応しておいたほうが良さそうです。

MAINTAINERを廃止してLABELを使う

MAINTAINERの代わりにLABELを活用してくれということなのでLABELに書き換えてみました。

https://github.com/okisanjp/docker-centos7/commit/c085afffb435e576b0f1900a1a03f59b8991a2a0

λ git diff 4ba573f .
diff --git a/Dockerfile b/Dockerfile
index c0d1185..3e9284c 100644
--- a/Dockerfile
+++ b/Dockerfile
@@ -1,5 +1,5 @@
 FROM centos:7
-MAINTAINER okisanjp
+LABEL  maintainer "okisanjp <okisan.jp@gmail.com>"

 # yum update
 RUN yum -y update && yum clean all

ちなみに、LABELを使用するとdocker inspectでmaintainerを確認したり出来ます

λ docker inspect centos7 | grep "maintainer"
                "maintainer": "okisanjp <okisan.jp@gmail.com>",