GCC ARM Toolchainでmbedをオフラインビルド

  • 20
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Windowsでの環境構築

ほぼ、Part 1 – Setting up the GCC ARM Toolchainのとおり。

GCC ARM Toolchainのインストール

gcc-arm-none-eabi-4_8-2013q4-20131204-win32.exeをダウンロードして、実行する。

忘れずに、最後はAdd path to environment variableにチェックを入れる。(環境変数を追加してくれる)

Gnu Makeの追加

C:\Program Files (x86)\GNU Tools ARM Embedded\4.8 2013q4\binに下記のファイルを追加する。

  • make.exe
  • libiconv2.dll
  • libintl3.dll

上記ファイルは、sorceforge.netmake-3.81-bin.zipmake-3.81-dep.zipの中にある。

Macでの環境構築

gcc-arm-none-eabi-4_8-2013q4-20131218-mac.tar.bz2 をダウンロードしてきて、任意の場所に展開する

Pathを通す

例えば、~/arm-cs-tools直下に展開したとすると、
.bash_profileには下記のようにPathを追加する。

export PATH=/Users/****/arm-cs-tools/bin:$PATH

上記編集後は、source .bash_profileで適用しておく。

動作確認

コンソールで下記のコマンドが反応すればOK。

  • arm-none-eabi-gcc -v
  • make -v

Mbedプロジェクトのコンパイル

  1. mbed Compilerより、Export Program(Toolchain:ARM Embedded)したプログラムをダウンロードし、展開する。

  2. コンソールより対象フォルダ内へ移動し、makeコマンド叩けば、hexファイルが生成される。