1. Qiita
  2. 投稿
  3. Emacs

peep-diredを使ってみた

  • 2
    いいね
  • 1
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

peep-diredはemacsのdiredでファイルにカーソル合わせると中身が見えるというminor modeです。
FDやFLのようなファイラーには必須の機能でしたね。(伝われ)
MIFESにもこんな機能あった気がします。Vz派でしたが。

インストール

melpaからもできるようですが、1ファイルなので普通にcloneしてload-pathに置いてbyte-compileしました。

設定

.emacs.el
;; 先にdiredが必要
(require 'dired)
;; キーバインドは適当
(require 'peep-dired)
(define-key dired-mode-map "\C-xx" 'peep-dired)
(define-key peep-dired-mode-map "\C-xx" 'peep-dired)

使い方

diredに入ったところでM-x peep-diredすると、カーソルの当たったファイルの中身がチラ見できます。
スペースで下に、バックスペースで上にスクロールします。
そのままの状態だとチラ見したバッファが全部残っていますが、もう一度M-x peep-diredでモードを終了すればチラ見バッファは削除されます。
上記のキーバインドだと、dired中にC-xxでpeep-diredモードになり、同じキーストロークで通常のdiredに戻ります。