Gitで特定のディレクトリ以下のdiffを見るときは、relativeオプションを使う

  • 9
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

タイトル通り。「このディレクトリに差分があったら〜」みたいなことをするのにすごい良さげ。

git diff branchA branchB --name-only  --relative=subdir

便利。-- でファイルの差分見れるみたいなのを見つけてそこにディレクトリ名入れれるかなぁと思ったけど、できなかったので。

  • releative 差分が有るか見たいディレクトリの名前を指定する
  • name-only 差分があるファイルの名前だけ表示する。

試したのはgit version 2.7.4です。