yumのリポジトリをローカルに作成する

  • 6
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

概要

やりたいこと

インターネット接続ができない環境で、yumを使ってパッケージのダウンロードやインストールを行えるようにしたい。要は、ローカルにyumのリポジトリを作成したい。

ちなみに今回は、CentOS6系がインストールされただけの環境に、WordPress用に、PHP、Apache、MySQLなどをセットアップする必要があった。各ソースをあらかじめダウンロードして持ち込むことは許可されていたが、現場でダウンロードすることは不可能な状況だった。

行ったこと

OSのインストールディスクのイメージファイル(iso)をマウントし、yumコマンドで、Packageディレクトリを参照するように設定した。

環境

  • CentOS 6.7

前提条件

  • インターネット接続環境なし
  • OSインストールディスクのイメージファイルは、/media/iso/に配置してある

実装

  1. rootになる

    su -
    
  2. OSのisoファイルをマウント

    cd /media/
    mkdir centos
    mount -o loop -t iso9660 /media/iso/CentOS-6.7-x86_64-bin-DVD1.iso /media/centos
    
  3. repoファイルを作成

    cd /etc/yum.repos.d/
    vi centos-media.repo
    

    以下の内容を記述

    [centos-media]
    name=centos-media
    baseurl=file:///media/centos
    gpgcheck=0
    enabled=1
    
  4. 確認
    以下を実行して、パッケージ一覧が表示されれば、成功。

    yum --disablerepo=\* --enablerepo=centos-media list
    

    実際にパッケージをインストールする場合は、以下のような感じ。

    yum --disablerepo=\* --enablerepo=centos-media install gcc make pcre pcre-devel wget