Laravelでウェブアプリケーションをつくるときのベストプラクティスを探る

  • 80
    いいね
  • 2
    コメント

はじめに

(注) 本記事は単なる目次です。

半年前くらいから Laravel を使い始めて、個人的にベストプラクティスをまとめたいと思っていたので、目次の内容で順次エントリーを上げていきたいと思います (順不同になりそうだし、項目は増減するかも)。

方針

  • できるだけフレームワークの作法に合わせる
  • できるだけ変更容易性が高くなるようにする
  • できるだけトリッキーにならないようにする

といったところです。

環境

各エントリーにも記載しますが、基本的には

  • PHP 5.6
  • Laravel 5.3

で動作確認ができたコードを載せるつもりです。
バージョンによって書き方に違いがある場合は極力補足するつもりです ( 5 系のみ)。

目次

  1. ルーティング
  2. コントローラー
  3. リクエスト&バリデーション
  4. ビュー
  5. テンプレート
  6. イベント&ジョブ&通知&キュー
  7. Eloquent ORM
  8. コマンド
  9. サービス
  10. テスト

番外編