CentOS6.5にMongoDBをインストールする

  • 124
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

はじめに

CentOS 6.5に、MongoDBの最新版をインストールする方法です。
現在の最新版は2.6.4です。

公式のCentOSへのインストール手順にそってインストールしていきます。

環境

  • CentOS 6.5 64bit

手順

MongoDBレポジトリ追加

今回はMongoDBのレポジトリからyumでインストールします。
まずはレポジトリを追加します。

/etc/yum.repos.d/mongodb.repo
[mongodb]
name=MongoDB Repository
baseurl=http://downloads-distro.mongodb.org/repo/redhat/os/x86_64/
gpgcheck=0
enabled=1

インストール

mongodb-orgというパッケージをインストールします。

$ sudo yum install -y mongodb-org

このパッケージは、次の4種類のパッケージをインストールしてくれます。

============================================================================
 Package                  Arch         Version          Repository     Size
============================================================================
Installing:
 mongodb-org              x86_64       2.6.4-1          mongodb       4.6 k
Installing for dependencies:
 mongodb-org-mongos       x86_64       2.6.4-1          mongodb       6.8 M
 mongodb-org-server       x86_64       2.6.4-1          mongodb       9.0 M
 mongodb-org-shell        x86_64       2.6.4-1          mongodb       4.3 M
 mongodb-org-tools        x86_64       2.6.4-1          mongodb        89 M

Transaction Summary
============================================================================
Install       5 Package(s)

それぞれ、

  • mongodb-org-server: MongoDBサーバのmongodやinitスクリプト
  • mongodb-org-mongos: シャーディングを管理するmongosサーバ
  • mongodb-org-shell: クライアントシェル
  • mongodb-org-tools: mongodumpやmongotopなどの周辺ツール群

起動

起動します。
これも、一般的なコマンドで一発です。

$ sudo service mongod start
Starting mongod:  [  OK  ]

確認

動作確認のため、ちょろっとmongoシェルを使ってみます。

$ mongo
MongoDB shell version: 2.6.4
connecting to: test
Welcome to the MongoDB shell.
For interactive help, type "help".
For more comprehensive documentation, see
    http://docs.mongodb.org/
Questions? Try the support group
    http://groups.google.com/group/mongodb-user
> use test
switched to db test
> db.fish.insert({name: "マグロ"})
WriteResult({ "nInserted" : 1 })
> db.fish.find()
{ "_id" : ObjectId("540bd2d7a3754bda459c21ad"), "name" : "マグロ" }
> db.dropDatabase()
{ "dropped" : "test", "ok" : 1 }
> show dbs
admin  (empty)
local  0.078GB
> exit
bye

よさそうです。

おわりに

非常に簡単でした。
実際の用途では設定ファイルの/etc/mongod.confを編集したり、ReplicaSetやShardingを組むことになると思います。