githubに"You are not a human."と言われたら

  • 13
    いいね
  • 1
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

現象

githubのgistを編集していると、突然、以下のようなアラートが表示されて、プロファイルが非公開とされてしまいました。

One of our mostly harmless robots seems to think you are not a human.
Beacause of that, It's hidden your profile from the public. If you really are human, please contact support to have youre profile reinstated.
We promise we won't require DNA proof of your humanity.

gistの内容を編集することも、見ることもできなくなり、コンタクトへ連絡してみました。

Please reinstated my account.
I got the following message:

bla bla bla...

他にも同様な方がいらっしゃっるようで、数時間で復旧してくれたとのことでしたが、返事があったのは半日後ぐらいでした。

復旧したものの、またすぐにgistが編集できなくなり、その後、同じように"You are not a human."と警告されたので、再度コンタクトへ連絡してみました。

>Sorry about that! Sometimes our spam-detecting robots get a little overzealous and need to be reprogrammed. 
>I've reset your profile, so your repositories and gists should be available again, and you shouldn't see that message anymore.

Thank you. I cannot see that message again.
but I cannot edit my gist file. then I got the following message:

Whoops.
We seem to have missed the gist of that gist you were looking for.

what does it mean?

この後、返事はありませんでしたが、すぐに復旧したようで、ようやくgistの編集ができるようなりました。

また半日後ぐらいに、コンタクトから以下のような連絡があり、正式に解決しました。

Sorry for the continued trouble! We've whitelisted your account, so it should not be flagged again, and your Gists should be viewable once more.

原因は?

なぜ、こんなことになったのかなと考えてみると、gistを書いているときに、誤って連続して同じ内容のファイルを複数作成してしまったことが原因ではないかと思います。

ロボットがその行為をスパムと判断したんだろうと思います。たしかに、すこし過剰な(overzealous)反応なのかもですね。

whitelistに登録してくれたらしいので、これからは人間として扱ってもらえそうです。

DNA Proofも、もちろん必要ありませんでした(笑)。