ドローンにもオープンソース化の流れがある

  • 10
    いいね
  • 0
    コメント

ラジコンヘリの値段がとても安くなっているのに気づいたとき、ラジコンヘリと携帯電話に技術の共通点があることに気づいた。

ラジコンヘリと携帯電話の共通点

  • バッテリーを使う。
  • 無線通信をする。
  • モーターを使う(携帯電話のバイブレーション機能)。

次の記事もドローンと携帯電話の技術との共通性を述べています。

ドローンと携帯電話の共通点

ドローンのオープンソース化の流れと産業利用に与える影響

実際、ドローンにはスマートフォンで使われる部品が多く使われており、スマートフォンの爆発的な普及による部品の小型化と低価格化が、ドローン市場の拡大の大きなきっかけになったと言われています。例えば、レース用の自作ドローンに使われるシンプルなフライトコントローラーであれば、数千円程度で購入することができます。

オープンソース化されたライブラリが増えることで、自分が何かアイディアを試すときには、新規性を出す部分以外は既存のライブラリを使うことができます。自分の集中すべき問題にだけ集中できます。

自分の集中すべき問題

論文を書くのならば、論文として何にオリジナリティと意義を設定するのかが問われます。
ビジネスの場合には、どうやって収益を上げつつ、社会に寄与するかを考えなくてはなりません。
自分が何をしたいのか、何ができるのか、何をすることに意味があるのか、その選択では開発を継続できるのか、自分が成長ができるのか。それらを考えつつ、何をどういうアイディアで、その開発チームに寄与できるのかを考えなくてはなりません。それぞれの開発チームの強みは何か、自分の強みは何かを考えることです。そのような考え方の1例としてドローンの分野をあげてみました。

以下に示すドローンで進んできている技術の要素は、確実に他の分野でも使える技術があるはずです。私が作りたいのはドローンじゃないんだという人にも参考になればうれしいです。

ドローン企業の強みは何におくのか?

農薬の散布の自律性がドローンで期待されているポイント。

SlideShare ドローンの仕組み( #ABC2015S )

SlideShare ドローン向けソフトウェア事業

SlideShare オープンソースを用いたドローンの自律制御ソフトウェア技術

どこに強みをおくのか、それによって、どういう利益が社会的にもたらされるか。

ドローンのフライトコントローラ周りのOSSプロジェクトについて
「OSSエンジニアのための(はじめての!)ドローン勉強会」

SLAM
raulmur/ORB_SLAM2 (https://github.com/raulmur/ORB_SLAM2)
tum-vision/lsd_slam (https://github.com/tum-vision/lsd_slam)
erik-nelson/blam_slam (https://github.com/erik-nelson/blam_slam/tree/master/src)
SilentSys/SLAM (https://github.com/SilentSys/SLAM)
OpenSLAM/awesome-SLAM-list (https://github.com/OpenSLAM/awesome-SLAM-list)

ROSのBlam-SLAMを動かしてみた
ROSのLidarSLAMまとめ
ROSのvSLAMまとめ

turtlebotによるSLAMを用いた地図作成

FPGA×ROSでFPGAをプラットフォームとしたロボットを実現するプロジェクトOpenReroc

プログラマブルSoCを用いた画像処理ハードウェアのROS準拠コンポーネント化
FPGA処理をROSコンポーネント化する自動設計環境