MATLAB2015b(32bit版)でpointgrayのサポートパッケージが動かない話

  • 0
    いいね
  • 0
    コメント

    Point GreyのカメラをMATLABで使う

    PointGrey製のカメラを使う前準備として、以下のプログラム/ツールボックスが入っている必要があります。
    - Point Grey Camera Support from Image Acquisition Toolbox
    - Image Aquisition Toolbox (以下IMAQ)
    アカウントを入れれば、勝手に落ちてくると思うので、インストール方法などは略します。

    MATLAB2015b(32bit版)だとどうなるか

    • インストール後、PCを終了(MATLABを終了?)するまでならIMAQでPG製のカメラが使えます。
    • 再起動後、使えなくなる。

    原因としては、32bit版と64bit版でインストールされるフォルダが違うために起こるようです。
    インストールされるフォルダ

    64bit版
    'C:\ProgramData\MATLAB\SupportPackages\R2015b\toolbox\imaq\supportpackages\pointgrey;'
    32bit版(記憶があやふや)
    'C:\MATLAB\SupportPackages\R2015b\toolbox\imaq\supportpackages\pointgrey;'

    下で書きますが、pathを追加してあげれば問題ないようです。

    対処方法

    • addpathを使ってカメラを扱うプログラムの先頭で追加する。
    init_pg.m
    addpath('c:\MATLAB\SupportPackages\R2015b\toolbox\imaq\supportpackages\pointgrey;');
    // Initialization point grey Camera.
    
    • pathdef.m を編集する。 pathdef.mは下記にあります。

    C:\Program Files\MATLAB\R2015b\toolbox\local;

    こちらを編集することでも対応できます。

    • 起動時のコマンドにpathaddを組み込む。

    MATLAB 起動時に、自動的に MATLAB ファイルを実行することはできますか?
    この方法でも対処できます。

    まとめ

    PointGreyに限らずカメラなどのIMAQのサポートパッケージを用いるものはこのトラブルに陥るようです。
    2016aから64bit版のみとなったことからも早いうちに脱32bit版する必要があるようですね。