Instrumentsを使ってiOSデバイスのログ(電力消費、GPSのオンオフ、etc...)を確認する

  • 34
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

電力消費やGPSのオンオフ等の実機でしか確認できない項目は、iOSデバイスのログ出力 + Instrumentsを使って確認することができます。

今回は、「GPSがOnの時に電力消費が異常な値になっていないかを調べる」というサンプルを元に説明します。

事前準備

電力消費を検証したいアプリを、Instrumentsを使ってインストールします。
デバイスを接続し、Xcodeを起動した後、ctrl + iでInstrumentsを起動すると自動的にインストールされます。

インストールが終わった後、デバイスは接続を解除しても問題ありません。

iOSデバイスのログ出力

はじめに、iOSデバイス側でログ出力を有効にします。
設定.appを起動した後、メニューの中から「デベロッパ」を選択します。
settings.png

"Logging"で、"Energy"のみONにした状態で"Start Recording"をタップします。
その後、開発対象のアプリを操作すると、電力消費のログが取得されます。

dev.png start.png stop.png

検証したいアプリの操作が終わったら、"Stop Recording"をタップしてログ取得を停止します。

Instrumentsでの解析

ログを出力したデバイスを接続した後、Instrumentsの"file"メニューから"import device log"をクリックします。

ログ読み込み.png

Libraryから、"Energy Usage"と"GPS"をInstrumentsにドラッグします。
ライブラリ.png

ドラッグ後、電力消費とGPS On/Offの状況が表示されます。
GPS.png
(GPS 赤色の領域はOnになっている状態を示す)

GPS以外に取得できる項目

Wi-FiやBluetooth等、ネットワーク関連のログも取得できるようです。