アプリ配布用のQRコード画像をアーティファクトで取得

  • 1
    いいね
  • 0
    コメント

はじめに

BitriseのCI機能にはメンバー限定、非限定でアプリを配布できる機能があり、注目しています。
さらに調べていくと、Bitriseのworkflowからipaを配布できる機能の先に

スクリーンショット 2017-01-26 23.19.15.png

スクリーンショット 2017-01-26 23.17.25.png

QRコードでURLを出すがあります。

スクリーンショット 2017-01-26 23.20.09.png

不満

ただこれだけではコンソールにechoで表示されるところまで、です。

スクリーンショット 2017-01-26 23.27.44.png

画像を取得するにはURLをブラウザで入力し、画像をローカルPCに保存するか
そのままスマホアプリのQRコードリーダーで読み込んで・・・となります。
アーティファクトとしてBuildページで取得できたら!と調整してみました。

処理

画像ファイルをダウンロード

スクリーンショット 2017-01-26 23.50.10.png

QRコード生成時に
$BITRISE_PUBLIC_INSTALL_PAGE_QR_CODE_IMAGE_URLという変数が追加されるのでこれを使います。

画像ファイル名は[アプリ名].png、としました。

スクリーンショット 2017-01-26 23.52.01.png

アーティファクトに追加

ダウンロードした画像ファイルを指定し、圧縮は不要としました。

スクリーンショット 2017-01-26 23.19.15.png

スクリーンショット 2017-01-27 0.01.35.png

結果

スクリーンショット 2017-01-27 0.09.30.png

WorkFlowを分離

GenQR_InstallURLとしてQRコード化からアーティファクト追加までを別にしました。

スクリーンショット 2017-01-27 0.29.42.png

変数自体は引き継がれるのか、ビルド時間は分離されるのかを知りたくて。
変数は引き継がれ、ビルド時間は複数のWorkFlowの合算となりました。

スクリーンショット 2017-01-27 0.31.10.png

さいごに

bitrise.ymlについて、QR画像の指定をした時は当然出るのですが
スクリーンショット 2017-01-27 0.41.57.png

指定しないと省略される・・・ため、初期状態だとinputsに設定するパラメータ名すらわからない、という状態でした。
スクリーンショット 2017-01-27 0.42.10.png

https://github.com/bitrise-io/steps-deploy-to-bitrise-io

スクリーンショット 2017-01-27 1.35.45.png

ソースを見た上でbitrise.yml上でパラメータを指定がまだまだ難しい感じです。