Sensu monitor for Chrome extension

  • 3
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Tessen - 鉄扇 -

SensuのAPIを叩いてChromeのBrowserActionでバッジ表示するChrome拡張を作ってみました。

正式公開前のデモ公開です。要望や気づいたところがありましたら教えて下さい。

また、アイコンやナイスな名前募集中です。

スクリーンショット

screenshot

利用方法

  1. GitHubからZipファイルをダウンロード
  2. Zipファイル内の tessen/tessen.js をエディタで開く
  3. 「apiHost, apiPort, uchiwaHost, uchiwaPort, datacenter」の値を環境に合わせて変更
    • apiHost: SensuのAPIサーバー(require)
    • apiPort: SensuのAPIポート(require)
    • uchiwaHost: Uchiwaを利用していればUchiwaのサーバー
    • uchiwaPort: Uchiwaを利用していればUchiwaのポート
    • datacenter: Uchiwaを利用していればUchiwaで表示されるデータセンター名
  4. 再度Zipファイルに圧縮
  5. Chromeにインストール(要デベロッパーモード)

TODO

  • 設定ページ
  • 複数Sensuのサポート

ソースコード

GitHub/Tessen

ライセンス

デモ的なものなので特に制限は設けません。自由にお使いください。
後日ChromeStoreで正式公開予定ですので二次利用の際には連絡ください。