Appium用に、fastlaneでappファイルを生成する

  • 2
    いいね
  • 0
    コメント

AppiumでiOSのテストを行う場合、.appファイルが必要なようです。

fastlaneのgymの説明( https://github.com/fastlane/fastlane/tree/master/gym )には、

It takes care of all the heavy lifting and makes it super easy to generate a signed ipa or app file :muscle:

とあったのですが、appを作る方法が見当たらず。。。

結局、xcodebuildで出来ました。

Fastfile
SCHEME_NAME_DEV = 'develop'

platform :ios do
  lane :make_app do
    xcodebuild(
      scheme: SCHEME_NAME_DEV,
      build: true,
      sdk: 'iphonesimulator',
      derivedDataPath: 'build'
    )
  end
  # ...

SCHEME_NAME_DEVには、生成対象としたいスキーマを指定します。

これにより、build/Build/Products/Develop-iphonesimulator/(アプリ名).appにappファイルが作成されます。

RubyでAppiumのスクリプトを書いている場合、下記のように指定できます。

    desired_caps = {
      caps: {
        deviceName:   'iPhone Simulator',
        platformName: 'iOS',
        app:          '../project_dir/build/Build/Products/Develop-iphonesimulator/application_name.app'
      },
      appium_lib: {
        wait: 10
      }
    }
    @appium_driver ||= Appium::Driver.new(desired_caps)

これで、iOSのAppium始められる :muscle: