地方でリモートワークするに必要なもの

  • 5
    いいね
  • 1
    コメント

この記事はMonstar Lab, Inc. Advent Calendar 2016 3日目の記事です。

前日は @noboru_iAndroidアプリにログ系ライブラリを導入してみた話 - Qiita でした。

って、2日連続で書いてみました。
昨日のは、時間がなかったので社内Wikiの焼き直しにしちゃって、微妙だったので。

ただ、書いてみると、どこかで見たようなリモートワーク論の焼き直しになっちゃった気がします...
誰かの参考になれば幸いです。

経緯

2012年4月にMonstar Labに入社。
2015年2月頃に生まれ育った富山でリモートワークを始める。
2016年12月現在で、1年と10ヶ月が経ちました。

という感じです。では、必要と感じたものをあげていきます。

会社の理解

まずは、これが無いとリモートワークを始められません。
富山に帰りたいと思ったときに、弊社には幸いにも鹿児島でリモートワークしている @takachan さんがおり、比較的スムーズにことは運んだと思います。

ただ、SonicGardenさんの話などを聞いてると、「みんながリモートだと、やりやすそうだなぁ」というのは感じます。
弊社はリモートワークしている社員や、島根のオフィス、中国やベトナムにもオフィスがあったりと多拠点との開発は普通に行っていますが、ほとんどの人は出勤しており、どうしてもリモートワークをしているとマイノリティ側となります。
「みんなリモート」とかにはならないと思いますが、現状のままでも、ツールや意識でもっと良くしていけると思っているので、考えていきたいです。

社内での立場

ポスト的に偉くなっている必要は全くない(むしろ、マネージャーとかだと、地方でリモートとかしづらそうな印象)のですが、社内的に「XXのときは @noboru_i に相談しよう」みたいになっていると、便利です。
というのも、積極的にコミュニケーションが苦手でも、向こうから話しかけてくれたりします。
そういう意味で、社内で働いていた3年弱というのは、かなり重要だったと思います。

ただ、リモート始めてから社員はかなり増えており、あったことないけど毎日zoomで会話してる人とかもいます。
たまには出社したいですが、仕事はリモートでも出来ちゃってるので、タイミングがなかなか無いですね。

やっていく気持ち

仕事中は、周りに誰もいません。
なので、だらけていようが、真面目に仕事していようが、実際のところは会社の人には伝わりません。
(もちろん、チャットで連絡つかなかったり、仕事の成果が上がってなかったら不審がられますが)
そのため、だらけないように、仕事スペースに余分なものを置かないようにしたりは必要です。
ただ、最終的には精神力の問題だとは思います。

個人的には、「富山に永住するつもりだし、富山でいまやってるような仕事・給料の会社を見つけるのは大変そうだから、いまの会社に必要としてもらえる存在で居続けなければ...」という、ちょっと後ろ向きな動機が大きいです。

ただし、やりすぎないというのも重要だと思います。
家が仕事場なので、起きたらすぐに仕事をし始められますし、夕飯食べたあとでも、寝る直前まで仕事をし続けることは可能です。
ただ、そんなことをしてると、仕事以外の勉強もできないし、体調を崩すと思います。
ON/OFFをちゃんと切り替える必要があります。
(実際のところ、結婚してからは、定時→夕飯→リビングに居るという流れになっているので、半強制的な部分がありますがw)

また、ちょっと別の方向性として、積極的に状況を発信、他の人とコミュニケーションを取る必要があります。
社内にいたら、休憩時や定時後にいろんな話をしてましたが、リモートでは雑談のためにzoomとかを開くのも億劫です。
(またそもそも、メンタリティ的にも、自分から積極的に行けないし。)
そのため、SlackやChatworkで自分にひっかかる情報があったら反応したり、外部で拾った情報は積極的に投げ入れたりしています。

また、最近は「分報」的なことが社内で広まってきており、自分もやっています。
つぶやいていると他の人から反応があったり、ありがたいです。

機材

部屋

地方は、東京に比べると格段に家賃が安いです。
富山では、2LDKで家賃5万円前後ってのも、普通にあります。
やはり、ベッドの横で仕事してたりするのは誘惑が大きすぎるので、寝室とは別の仕事部屋があったほうが良いと思います。

ただ、今のアパートで失敗したのは、メゾネットタイプにしたことです。
仕事部屋は2階にあり、冷蔵庫やトイレが1階にあるので、移動が面倒です。
(最低限の運動にはなるんですけどね...)

マイク

リモートワークになると、打ち合わせなどももちろんリモートになります。
先輩リモートワーカーからも、「マイクは良いものを買ったほうが良い」と言われ、探してみたのですが、やっぱり良いのは高いです。

ただ、周りの音をあんまり拾ってもらうのも困るので、指向性が高いものを探しました。
(キーボードを打つ音とかが、あんまり入らないように。macのマイクはこれが結構入る印象。)
そこで見つけたのが、SONYのマイクでした。

SONY エレクトレットコンデンサーマイクロホン ECM-PCV80U
https://www.amazon.co.jp/dp/B005M2HDA6

高級マイクから比べるとかなり安いですし、「単一指向性」となっていたので、周りの音を余分に拾ってくることもなさそうです。
実際に使っていると、自分ではよくわからないですが、今のところ「聞こえづらい」みたいな苦情は聞いてないです。(社内で、もし感じてる人がいたら教えてください :bow:

ただ、やっぱり家の外で子供が遊んでたりすると(家のすぐ前が公園!)、「隠し子ですか!?」とか言われたりします。
やっぱり良いの買おうかなぁ、でも高いしなぁ、と悩み中です。

椅子

これも先輩から「良いのを買うべき」と言われ、奮発して良いのを買いました。

エルゴヒューマン プロ
https://www.amazon.co.jp/dp/B002KG8WA2

もともとは椅子にこだわりはなかったですが、仕事中も趣味のコーディングでも使えるので、費用対効果は高いと思います。
姿勢は悪い方なので、これのおかげでまだ腰を壊してないんだと思ってます。

広いほうがいいです。
仕事と趣味をかんたんに切り替えたかったので、L字型のデスクにしました。
https://www.amazon.co.jp/dp/B00DCFR9ZE こんな感じのやつ。

広くて使いやすくて良いのですが、広い分いろいろ置いてしまい、ちょっとカオスになってきました。
そのうち掃除します...

ネットワーク回線(主・副)・固定IP

ネットワークが死ぬと、連絡がつかなくなります。
また、安定したネットワークが無いと、リモートミーティングのときにスムーズに進められません。
そのため、フレッツ光などの固定回線は必要で、さらに不測の事態のためにWi-Fiルータも用意しています。
これだけあれば、大地震などで大域的に切断されない限りは、仕事し続けられます。
(ただ、弊社の場合は中国やベトナムとやりとりすることも多く、向こうの回線の弱さでミーティングがしづらいこともありますが。。。)

あとは、セキュリティを高めるためにIPアクセスで制限することは多いです。
プロジェクト用のRedmineや開発サーバとかですね。
普通の契約だと、一定期間orルーターの再起動などでグローバルIPが変わってしまいます。
プロバイダによっては固定IPのサービスをしているところもありますが、私はINTERLINKのマイIPを利用しています。
引っ越ししようが、家以外で開発しようが、同じIPを使えるのは便利です。(やらないけど)

外部ディスプレイ

2LDKを普通に借りれると書きましたが、普通の1部屋は最低でも4.5畳あり、6畳や8畳の場合もあります。
今の部屋も6畳ぐらいあり、スペースは十分にあるので、大きなディスプレイを置いても問題ありません。
ただ、あんまり大きくても、視点の移動に疲れるので、macbook pro同様に高解像度のものが良いです。

I-O DATA 4K対応(3840×2160)28型ワイド液晶ディスプレイ LCD-M4K281XB
https://www.amazon.co.jp/dp/B00L9KZYTW

を使っています。4Kで28インチで160ppiぐらいなので、macbook proの標準設定で一番解像度高くした時と遜色ないレベルです。

スマホスタンド

いちおう、Androidアプリエンジニアということで、いつも使うスマホの他に検証機も使いやすい状態にしておきたいです。

検証機に関しては、前から車載用に使ってた、横から挟むスタイルのものを使ってます。
https://www.amazon.co.jp/dp/B00Q8AC356 にあるようなやつ)

ただ最近、磁石式のものを買って、普段使いのスマホはこれで貼り付けてます。

Excelvan 磁石型スマホスタンド レザー式マグネット 車載携帯ホルダー ワンタッチ固定 金属板付き
https://www.amazon.co.jp/dp/B013WN2R9I

スマホカバーの中に金属板を入れておけば、付け外しが簡単で、デスクでも車内でも同じようにくっつきます。
検証機用にもう一個買おうかと思っているところです。

その他

・物理カレンダーがよいです。
・物理時計もよいです。温度・湿度計もついてるとなお良いです。
・iPod touch + スピーカーが良いです。
Fishbornは悪くないですが、ちょっと使いづらいです。
・ティッシュはやわらかい方がいいです。
・ガムはXYLITOLの青いのが良いです。

結果、こんな感じで仕事してます。

image

次こそは5日目の @aratafuji さんです。楽しみです。

この投稿は Monstar Lab, Inc. Advent Calendar 20163日目の記事です。