GoogleAnalyticsの基礎の基礎の用語集

  • 3
    いいね
  • 2
    コメント

始めに

自分用の備忘録だけど、ようやっとGoogleAnalyticsを使い始めたので、本当に基本的な用語をまとめておく。

とりあえずこれでけ把握しておけばなんとなくは読めるはず。

20161213 コメント欄でご指摘をいただき、ユーザーの部分を一部修正しました。

用語集

閲覧数の種類

最初はこの違いがややこしい。

ここでは一人のユーザー、Aさんを例にたとえてみる。

ユーザー

閲覧してた人数を指す。
Aさんはとりあえず何度見ようと基本1。

ユーザーはブラウザ単位で判断されるため、
例えばAさんがデスクトップPCからと、スマートフォンから、
別々のブラウザで閲覧した場合は、2となる。

またcookieを拾っているため、保存されるのは2年なので、
最初の閲覧から2年がたった時点で、
新たに2となる。

(コメント欄でご指摘をいただき修正しました)

サイトへの最終アクセスから2年以上
経過したユーザーがサイトに訪問すると、新規ユーザーとしてカウントされる

cookieを削除した場合はユーザーが減る。

セッション

サイトが見られた回数を指す。
Aさんが朝昼夜三回サイトを閲覧したら3になる。

1回の閲覧が切り替わる条件は主に3つで、
- 30分以上操作がない
- その日の日付を跨いだ
- 参照元が変わる

PV

閲覧されたページ数を指す。
Aさんがサイトのページを6ページほど見たら6になる。

直帰率

1ページだけ見て離脱するセッションの割合を指す。

新規セッション

直近2年間のサイトの訪問のないセッションを指す。

要は基本的にご新規のお客様。

デフォルトチャネルグループ

集客→サマリ-→チャネルで見る

参照元のまとめ。

ここは主に使われる4つのみをあげる。

Organic Search

検索エンジンからの閲覧を指す。

Referral

別のサイトのリンクからの閲覧を指す。

例えば、このページの場合、私のブログにリンクが貼っているため、
そこから来て閲覧している場合はそれ。

Social

SNSからの閲覧を指す。

ただしGoogleがSNSと認識しているものになるので、
そうでない場合は上と同じになる。

Direct

どこからか不明な場合ここに入る。

例えば、URLを直接入力した場合、個人のブラウザのブックマークからの閲覧の場合などもここに入る。

Directが増えている理由

スマートフォンアプリからの流入

参照元の情報が設定されていない場合が多い

https→http

SSL化されているサイトから非SSLサイトへは参照元の受け渡しが行われない。

目標

GoogleAnalyticsではコンバネーションとして、
目標を設定できそれに対しての達成度を計測することもできる。
(必須ではない)

サイトの目的により必要なものを使うと良いだろう。

CV率=コンバネーション率 目標達成率

到達ページ

ユーザーに閲覧させたいページを設定。
(お問い合わせページ、購入ページ、サービス登録ページなど)

滞在時間

閲覧させたい時間
(○分以上など)

ページビュー数

ユーザーに閲覧させたいページの数
(○ページ)

イベント

閲覧者にさせたいアクション
(ファイルのダウンロード、特定のURLのクリックなど)