sbtでJavaのライブラリを作成してGithubで簡易的に配布する

  • 2
    いいね
  • 0
    コメント

要約Play Frameworkで使われているEbeanで、SQL文をファイルから読み込むためのライブラリを作り、GitHubにゆるく公開しました。

nkmrs / ebean-query-text

※2017/1/25: Jarファイルの配布は一旦停止しました。自分でビルドしてください。

手順

プロジェクトの作成

activator newを使ったプロジェクト雛形の作成

$ activator new ebean-query-text

タイプは3) minimal-javaを選択。

libexecディレクトリとbinディレクトリは不要なのでrm -fRしておきます

依存性の追加

build.sbtにEbeanの依存関係を追加します

build.sbt
libraryDependencies += "org.avaje.ebeanorm" % "avaje-ebeanorm" % "7.6.1"

コードの作成

パッケージを切ってごりごりコードやテストを書いていきます

GitHubでの配布

配布物の依存関係からscala-langを除く

build.sbtに設定を追加します

build.sbt
crossPaths := false
autoScalaLibrary := false

publish先をレポジトリ直下のrepoディレクトリに設定

build.sbtに設定を追加します

build.sbt
publishTo := Some(Resolver.file("file",file("repo")))

publishする

$ sbt publish
$ git push

GitHub Pagesの設定

リポジトリのSettings > GitHub Pages
masterブランチをGithub Pagesに設定。

これで、リポジトリの内容が https://nkmrs.github.io/ebean-query-text/ 以下に公開されます。

呼び出し方

libraryDependenciesへの追加方法

build.sbt
resolvers += "Github Repository" at "https://nkmrs.github.io/ebean-query-text/repo/"

libraryDependencies += "com.github.nkmrs" % "ebean-query-text" % "0.1-SNAPSHOT"

Ebeanの依存性は追加したくないとき(既にある場合)

excludeする

build.sbt
resolvers += "Github Repository" at "https://nkmrs.github.io/ebean-query-text/repo/"

libraryDependencies += "com.github.nkmrs" % "ebean-query-text" % "0.1-SNAPSHOT" exclude("org.avaje.ebean", "ebean")

以上。

参考URL