Smart Device Link(スマートデバイスリンク)の情報

  • 5
    いいね
  • 0
    コメント

Smart Device Link(SDL:スマートデバイスリンク)の情報をまとめる。
※日本語情報があまりないので公式ドキュメントの意訳となります

Smart Device Linkとは

Smart Device Link LOGO
スマートフォンと車載器を連携するためのオープンソース仕様。
車載器向けのライブラリと、iOS、Android向けのSDKが提供されている。

もともとはFordのAppLinkという車載器向けアプリを作る基盤だったものを2013年にSmart Device Linkとして公開された。

Smart Device Link LOGO
スマートフォン、車載器それぞれOSが異なっていてもSmart Device Linkをサポートしていれば、自動車でナビ、音楽、インターネットを楽しむことができる

 概念

車載器がSmart Device Linkに対応していれば、Smart Device Linkに対応したスマートフォンのアプリが車載器および車のインターフェースと通信することができる。

車両メーカーまたはナビメーカ

車載器がSmart Device Linkに対応するためにSDL Coreというライブラリ提供されている
スクリーンショット 2016-11-12 18.03.35.png
上の例だと、APPLINK(Ford向けの車載器アプリインフラ)からMYAPPSを作ることができる、またCONNECT LINK9000を新しく作ることもできる
https://d83tozu1c8tt6.cloudfront.net/media/resources/sdl_overview_and_update.pdf

スマートフォンのアプリの開発者

SDLを実装しアプリであれば、複数の車両メーカーまたはナビメーカの車載器に提供できる
スクリーンショット 2016-11-12 18.03.47.png
上の例だと、PANDORA(インターネットラジオ)がSDLをサポートしたアプリを作ればAPPLINK(Ford向けの車載器アプリインフラ)以外のMYAPPS(まだ存在しないけど)やCONNECT LINK9000(まだ存在しないけど)でも動く
https://d83tozu1c8tt6.cloudfront.net/media/resources/sdl_overview_and_update.pdf
※今の所 SDLをサポートしているのはFordのAPPLINKだけ

Smart Device Linkの主な構成要素

  • SDL Core
    • 中心的な構成要素
    • 車両メーカーまたはナビメーカが車載器に実装するソフトウェア
    • SDL Coreが車載器とスマートフォン上のアプリとのアクセスを可能にする
  • SDL Server
    • SDLサーバーはオプション
    • 車載器で提供するアプリの方針を更新したり、使用できるアプリの情報を集める
    • 車両メーカーまたはナビメーカが実装
  • iOS and Android SDK
    • iOSとAndroidの開発を支援するためのSDKライブラリ
    • アプリ開発者が利用する
  • SHAID
    • Super Helpful Application IDの略
    • アプリに関する情報をSmart Device Linkのエコシステム上で同期を助けるマイクロ・サービ群
    • 車両メーカーまたはナビメーカが実装する(とおもわれる)

できること

  • 車両のインターフェースを利用
    • 音声認識
    • テキストtoスピーチ
    • ボタン(タッチスクリーンを含む)
    • ディスプレイ
    • オーディオ
  • 車両情報の取得
    • シートベルト位置
    • ギア情報
    • エアバックの状況
    • その他

類似規格

iOS用のCarPlayとAndroid用のAndroid Autoがライバル規格と考えてよい。
大きな違いとして、CarPlayはiOS、Android AutoはAndroidのみをサポートしているが、Smart Device Linkは、両方のSDKを提供している、またSDKははないがそれ以外のiOS、Android OS以外のスマートフォンからも利用できそう。

対応状況

規格名 国内の自動車メーカの対応計画
SDL トヨタ
CarPlay トヨタ、ホンダ、日産、マツダ、三菱、スバル、スズキ※
Android Auto ホンダ※、日産、マツダ、三菱、スバル、スズキ

※2016/11現在対応車両販売中

ドキュメント

仕様書

SDK

関連リンク