ARM mbed Device Connector と IBM Bluemix Watson IoT と。

  • 3
    いいね
  • 0
    コメント

きっかけはこの一枚の画像でした。

 
これは mbed Advent Calendar 2016と、Teratail Bluemix Advent 2016に連動した記事です。
 
ARM mbed Device Connector to Watson IoT Integration
(ところで mbed Device Connectorって、SoftLayer上で動いてるの?) 

日頃からARM mbedや、IBM Bluemix・Softlayerの周辺の方々にお世話になっている私ですが、常に進化し続けるサービスのこと、2016年にも様々な進化やニュースがありました。

走り続けてこそテクノロジーの進化があるというもの。
誰かが永遠のベータ版じゃん、などと揶揄していましたが、いやいやベータ上等!でしょう。
巨匠・黒澤明の映画「七人の侍」でも言ってたよ「戦に出て走れなくなったときは死ぬときだ!」とな。

さて、余談はともかく。

2015年頃から今年にかけて「IoT」を耳目にすることが増えてきました。
でも、Internet(ソフト)とThings(ハード)がそれぞれが進化し続けるせいもあってか、両者の間にまだ距離感があるというか(個人的に)ハードとソフトが統合してないようなもやもや感がある。

ハードウェア

さて、ハードウェアの mbedは「mbed OS」となり、またネットに接続する「mbed Device Connector」も発表になりました。簡潔にわかりやすくまとまった資料はこちら。
 → 「mbed(えんべっど)の概要と最新情報 24-Dec-2016」 by 渡會氏

ええっ?mbed Cloudって、ARMが今度はクラウドサーバーとか、データーストレージとかやるということ?
この mbed Cloud とは… expected to be in general availability in 2017 て。
ここに少しだけインタビュー記事が載ってるけれど。

ソフトウェア

また、ソフトウェアの IBM BluemixのInternet of Thingsのサービスは2016年3月ごろ名称が変わり「IBM Watson IoT Platform」になりましたとな。名前変わるとさ、前の資料ググりにく…いや、何でもないです。
SoftLayerとBluemixって両方ともクラウドコンピューティングとか仮想サーバー系のサービスだよね、ちゃんと特徴や違いを理解しておかなくちゃ、と思ってたら10月のある日、サラッと統合されました〜って(白目)

じつは、Bluemixハンズオン受けるたびに登録したアカウントが3つあったわけですね。
そのうちテスト後にインスタンス消し忘れたやつが、数カ月に渡りクレジットカードに課金さ…(金額は言えません)

2つのサービス

いやもう疾風怒濤のクラウドの乱雲に翻弄され、必死にハードを握りしめる思いの日々。
手を離したら、雲間に飛んで行ってしまいそう。それでも走り続けてこそ。
そうか、両方とも進化して新しくなってるサービス、

  • ARM mbed の新サービス「mbed Device Connector」
  • IBM の新統合・名称変更後の「Bluemix / Watson IoT Platform」

どうもIoTのもやもや感を払拭するのに、この2つが統合した形のネタを何か……… と思って、mbed + Bluemix の英語記事のいくつかの内容を日本語でなぞりつつ「オラもやってみたです記事」を書こうと思って眺めてた。

予想外に深く広かった

内容を掘っていくと、mbedはリアルタイムOSを統合してver.5になり大型化し、IoTのセキュリティなど事実上はコマンドラインツールや外部ツールでコンパイルして〜ということに。
いや、当初からの「オンラインコンパイラーでドラッグドロップして簡単に」は、今でも変わってない。
でもいざ上記の「mbed Device Connector」に接続するとなると、gitからコード入手してコンパイルしてみたいな話になり、簡単にドラッグドロップ!で動きます、とは行かなくなる。

Bluemixの方も、あのリダイレクトの嵐で今どこにいるのか迷いそうなサイトで、メール登録アカウントとIBM IDと何が違うのかそもそも突然言われてもとか、その辺に慣れてくれば、Bluemixは優れたサービスなのはわかる。
でも、ハードとソフトの間をブリッジしてデーター受け渡してREST APIで〜みたいな話になると、こちらもどんどん手数がかかるようになる。

どうやら「やってみた記事」として、到底サクッとアドベントに書ける分量じゃなかった。

参考記事

ちなみに途中まで書きかけ、そして引き返してやめるまで、主に参考にした英語記事はこちら。
どれもみなIBM developerWorksから。最後の4つ目はARMの人が書いてる記事。

などなど、他にもいくつかあったけど、どれもなかなか長い記事になってる。

そもそもIoTって

たぶん、みんなの頭の中にあるIoTの姿って、EthernetケーブルでInternetに有線接続してるとか、スマートフォンとかではなだろうと思う。
Bluetoothのガジェットなんかは、そもそもInternetに直接つながるわけではないし。

まだ長距離届くSub-GHzの電波規格さえ、どれがメインストリームになるのかクリアではない。どうやら個人的にはLoRAが来そうな感じがしてるけど、去年の今頃はThreadがホーム用から屋外にも拡張してくるかなぁ…って話してた記憶がある。

さて、バズワードで「わーい、IoTの未来が」と言ってるウタゲの時期はそろそろ終わり。いよいよ本格サービスに脱皮する時期が来たということですかね。LED光った!とか、ウェブに表示できました!は最初の一歩で大切だけど、そのあと何かサービス考えてください、じゃあとよろしく誰か〜?だと前には進まないですよね。

さて、最初の画像に戻ろう。

この記事の初出は2016年3月26日で修正が7月末だ。
まだ半年も経たないのに、もう変わってしまって古いコードだったり、サービスだったりが登場する。だから、これを日本語訳にしても、使えないわけではないけど、現時点12月末にはすでに古い内容になってしまっているのだ。
こ、このスピード感。ビュン。

個人的な事情でアドベント期限に間に合わず申し訳なかったです。
しかし、この後もmbedとBluemixを中心にサービスを作っていきたいと思います。日々時間に追われていると、アドベントのネタって考えつかないうちに12月。
ビジネスの準備で進めてることは、現時点でそのまま公開はできないし、難しいもんです。

なんか硬派なテクニカルな内容じゃなくて、随想みたいになってしまったけど、皆さんの投稿、楽しく読ませていただいてます。

先日、近所の駅前で捕獲した仔です。

ピカチュウ!
メリークリスマス!