Web Bluetooth APIでArduino 101とブラウザを直接つなぐ

  • 7
    いいね
  • 0
    コメント

Google Chromeのバージョン56からWeb Bluetooth APIが正式にリリースされたので、BLEでセンサーの値を飛ばすデバイスを作って試してみました。

試したこと

Arduino 101の内蔵IMUから加速度センサ3軸の値を読み取り、BLEで送信する。Chromeは、受信した各軸の値をグラフに描画する。

試した環境

  • macOS 10.12.3
  • Chrome 56.0.2924.87
  • Arduino (Genuino) 101
    • BLEと6軸センサーがあらかじめ載っているので、ハンダ付けの手間がなく楽だった。

手順

https://github.com/niccolli/WebBluetoothAPIwithCURIE

こちらのリポジトリにまとめています。

  1. Arduino 101にCurieIMU.inoを書き込みます
  2. Arduino 101を起動させておく
  3. index.htmlをChromeで開く。localhostのWebサーバか、file://として開く。
  4. Start Notificationsのボタンを押す

結果

Arduinoを動かすとグラフ描画に反映される様子