あのSmalltalkerが帰ってくる

  • 2
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Squeak-jaのメーリングリストに面白い投稿があったのでこちらにも告知しておきます。

http://forum.world.st/Squeak-ja-4742-83-Smalltalk-td4864652.html

VPRI, CDG SAP Labsの大島芳樹さんが来日されるのに際して、急遽、Smalltalk勉強会を開催します。

日時: 2015/12/4(金) 19:30-21:00 (1時間30分)
場所: 青山学院大学 青山キャンパス 総研ビル(14号館) 6階14602教室
詳しくは下記をどうぞ。
http://www.aoyama.ac.jp/outline/campus/access.html#anchor_01
http://www.aoyama.ac.jp/outline/campus/aoyama.html

大島さんには、現在研究されているプログラミング言語「GP」について、お話しいただこうと思っています。
GPは、Scratchのようなブロック言語とテキスト言語をシームレスに結合し、独立性の高いモジュールを導入することで、より汎用的なアプリケーション開発を可能にする野心的な言語です。Scratchを開発したJohn
Maloneyさん、Snap!(BYOB)のJens
Mönigさん、そして、大島さんが、アラン・ケイさんの研究所で開発していることで、世界的にも注目を集めています。

A Module System for a General-Purpose Blocks Language
Yoshiki Ohshima, Jens Mönig, John Maloney

Our team is developing GP, a new blocks language that aims to be
beginner-friendly, like Scratch, yet capable of scaling up to support
larger applications. We hope to allow a worldwide community of users
to share projects, sprites, and code libraries and to create new ones
using a mash-up development style. To support such easy sharing and
reuse, GP incorporates a strong notion of modularity. Modularity
allows components created by different users at different times to
interoperate without worrying about conflicts. However, we do not want
modularity to add to the burden of the beginning programmer; we’d like
GP’s module features to stay out of the way until they are needed. In
this paper, we present the key ideas around the GP module system. A
module in GP is a unit of encapsulated code and data. It exports a
selected set of classes, functions, and variables, provides a
namespace for the code inside, and may include private helper classes,
functions, and variables. A module can also extend system classes with
additional methods. Such extensions can be used freely within the
module but are not visible outside it. Modules can be saved and
re-loaded, allowing modules to store user-created projects, sprites,
and code libraries.
http://www.vpri.org/pdf/tr2015003_modsys.pdf

事前申し込みは不要ですが、部屋の定員が24人のため、もしそれ以上になる場合は、立ち見の可能性があります。
直前のご案内で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

この投稿は Smalltalk Advent Calendar 20152日目の記事です。