Unityのネットワーク機能 UNETを使ってみる

  • 16
    いいね
  • 0
    コメント

とりあえず最低限の機能だけ実装して、どんな感じかみてみる。

UNETの概要については下記の記事を参照
http://tsubakit1.hateblo.jp/entry/2015/06/13/233000
http://tips.hecomi.com/entry/2015/08/14/220030

こんな感じのものを作ってみる

マルチプレイで、ステージ上の標的を弾丸でうつというだけのもの。
application.png

下準備

まずは必要なオブジェクトをヒエラルキーに置いていく。

  • 標的(Cube)と、弾丸(Sphere)、プレイヤー(Capsule)、床(Plane)を配置
    制御用に空の GameObject を2つ、Main と UnetManager を置く
    objects.png

  • ネットワーク共有させるオブジェクト、標的(Cube)と、弾丸(Sphere)、プレイヤー(Capsule)、それぞれに NetworkTransform をアタッチ、Sync Mode を Sync transform にする。(NetworkTransform をアタッチすると NetworkIdentity も自動的にアタッチされる)

  • プレイヤー(Capsule)のインスペクタの NetworkIdentity にある Local Players and Authority にチェックをつける
    player.png

  • Cube には Rigidbody を付けておく

  • 空の GameObject (Main)に NetworkIdentity をアタッチ

  • UnetManager に、 NetworkManager および NetworkManagerHUD をアタッチ

  • Cube と Sphere、 Player を Prefab 化し、ヒエラルキー上から削除する(NetworkManager が配置する)

  • ここまでのプロジェクトファイルの構造はこんな感じ
    hierarchy.png

スクリプトを実装する

Cube を適当なタイミングで生成する、Main.cs

これは空の GameObject(Main)にアタッチする。
ネットワーク系の操作を行うので、NetworkBehaviour を継承させる。
オブジェクトの生成は Instantiate で行うのは通常どおり。ネットワークで共有するには NetworkServer.Spawn にオブジェクトを渡すが、これは Command attribute で行う必要がある。

C#Main.cs
using UnityEngine;
using UnityEngine.Networking;
using System.Collections;

public class Main : NetworkBehaviour
{
    public GameObject Cube;

    void Start ()
    {
    }

    void Update ()
    {
        if (Time.frameCount % 300 == 0)
        {
            CmdCreateCube ();
        }
    }

    [Command]
    void CmdCreateCube()
    {
        GameObject obj = (GameObject) Instantiate (Cube, transform.position, transform.rotation);
        NetworkServer.Spawn (obj);
    }
}

アタッチしたら、インスペクタの Cube プロパティに、Cube Prefab を設定。

弾丸用クラス Sphere.cs

こちらはすごく単純にただ飛んで行くだけのオブジェクト。Sphere Prefab にアタッチする

Sphere.cs
using UnityEngine;
using System.Collections;

public class Sphere : MonoBehaviour
{
    void Start()
    {
        Destroy(gameObject, 5f);
    }

    void Update()
    {
        transform.position += transform.forward * 2.0f;
    }
}

プレイヤーの制御を行う、Player.cs

次にプレイヤーの実装。Player Prefab にアタッチする。
アローキーで移動して、スペースキー押下で、Sphere を射出させるのだけのスクリプト。これも、NetworkBehaviour を継承させておく。
射出した弾丸(Sphere)は、Main.cs と同様に NetworkServer.Spawn で共有させる。

操作を反映させたいのは、自分自身のオブジェクト(local)だけなので、 isLocalPlayer で判定する。

C#Player.cs
using UnityEngine;
using UnityEngine.Networking;
using System.Collections;

public class Player : NetworkBehaviour
{
    public GameObject Sphere;

    void Start ()
    {
    }

    void Update ()
    {
        if (isLocalPlayer == true)
        {
            if (Input.GetKey (KeyCode.Space))
            {
                CmdSphere ();
            }

            Move ();
        }
    }

    void Move()
    {
        if (Input.GetKey (KeyCode.UpArrow))
        {
            transform.position += transform.forward * 0.2f;
        }

        if (Input.GetKey (KeyCode.DownArrow))
        {
            transform.position += transform.forward * -0.2f;
        }

        if (Input.GetKey (KeyCode.LeftArrow))
        {
            transform.position += transform.right * -0.2f;
        }

        if (Input.GetKey (KeyCode.RightArrow))
        {
            transform.position += transform.right * 0.2f;
        }
    }

    [Command]
    void CmdSphere()
    {
        GameObject obj = (GameObject) Instantiate (Sphere, transform.position, transform.rotation);
        NetworkServer.Spawn (obj);
    }
}

アタッチしたら、インスペクタの Sphere プロパティに、Sphere Prefab を設定。

ネットワーク系を設定する

NetworkManager のインスペクタに Player と Spawn オブジェクトを登録する。

spawn.png

実行する

  • エディター側を、LAN Host 、ビルドしたアプリ側の LAN Client を押下すると同期が開始される ※ Run in Background は、NetworkManager がデフォルトでオンにしてくれる application.png

ついでにパケットキャプチャみてみる(BSDname はローカルIPのインターフェイスを選ぶ)

sudo tcpdump -i [BSDname] port 7777 -X

スクショのログはこれ

ネットワーク上の別PCと通信するには、ビルドしたアプリを配布して行う。LAN Client にホスト側のIPを設定するのを忘れずに。