PPAPI flash debug player の flashlog.txt

  • 3
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

flash debug player 17.0.0.169 (PPAPI)
Chrome バージョン 42.0.2311.90
Max OSX 10.9.5

↑の環境での設定の仕方

まずは flash debug player を入手

http://www.adobe.com/jp/support/flashplayer/downloads.html

Flash Player コンテンツデバッガー(OperaおよびChromiumベースのアプリケーション用) – PPAPI

これをダウンロードしてインストール。
インストールしたものはここにある。

/Library/Internet\ Plug-Ins/PepperFlashPlayer/PepperFlashPlayer.plugin

Chrome に入ってる PepperFlashPlayer.plugin と置き換える

インストールした PepperFlashPlayer.plugin をここに上書く。
※バックアップ推奨

/Applications/Google\ Chrome.app/Contents/Versions/42.0.2311.90/Google\ Chrome Framework.framework/Internet\ Plug-Ins/PepperFlash/PepperFlashPlayer.plugin

mm.cfg

ここに mm.cfg 作る。

~/Library/Application\ Support/Google/Chrome/Default/Pepper\ Data/Shockwave\ Flash/System/mm.cfg

mm.cfg の中にこれを記述する。

ErrorReportingEnable=1¬
TraceOutputFileEnable=1¬

flashlog.txt

これで flashlog.txt が吐出されるようになったはず。
flashlog.txt の場所はここ。

~/Library/Application\ Support/Google/Chrome/Default/Pepper\ Data/Shockwave\ Flash/WritableRoot/Logs/flashlog.txt

まとめ

Chrome がここを見てくれるようになればいいんだけどなぁ・・・

/Library/Internet\ Plug-Ins/PepperFlashPlayer/PepperFlashPlayer.plugin