Visual Studio 2015でNodeの最新版を認識させる

  • 13
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

問題点

Visual Studio 2015ではインストールする際にオプションでGitやNodeをインストールできます。
実はこのNodeはPATHに追加されません。

インストール先は以下の場所になっています。

C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 14.0\Common7\IDE\Extensions\Microsoft\Web Tools\External\git\git.exe

C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 14.0\Common7\IDE\Extensions\Microsoft\Web Tools\External\node.cmd
C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 14.0\Common7\IDE\Extensions\Microsoft\Web Tools\External\npm.cmd

そしてこのWeb Tools\ExternalにあるNodeとnpmはバージョンが古いです。

  • Node 0.10.31
  • npm 1.4.9

そのためNode 4.0以降でなくともこのバージョン以上の指定がされている場合、Visual Studioでインストールしようとした際にエラーとなります。
そこで別にインストールしているであろうNodeの最新版を認識させられるようにしましょう。

対処法

オプション --> プロジェクトおよびソリューション --> 外部Webツール
初期設定では以下の画像のようになっています。
vs2015_1.PNG

Web Tools\ExternalPATHより優先されているので、PATHの順位を上げましょう。
vs2015_2.PNG

これによってPATHにあるNodeのほうがWeb Tools\Externalより優先されます。
(初期設定ではNodeやnpmはPATHよりも優先度が高く、Gitは優先度が低いのはなぜなんですかね...)

参考資料