Android Kotlinに他のJVM言語をぶち込む

  • 12
    いいね
  • 0
    コメント

これはKotlin Advent Calendar 2016の12/13の記事です。

過激なタイトルですが、そのままです。
正確には順番は逆です。
ScalaやGroovyで書かれたAndroidプロジェクトにKotlinをねじ込みます。
パッケージサイズは増えるわビルド時間は伸びるわ、いい事はあんまりないと思いますのでよい子は真似をしないようにお願いします。

Scalaプラグインを導入する

まずはScala。
gradle-android-scala-pluginを使って、ScalaでAndroidが書けるようにしましょう。
こちらのライブラリは更新が止まっているので、そのままでは最新のgradleでビルドができません。
Forkして更新してくださっている方がいるので、今回はこちらを使わせていただきます。
ダウンロードしたブランチのjarを作ってlibディレクトリに入れます。
gradleファイルはこんな感じです。

build.gradle
buildscript {
    repositories {
        jcenter()
    }
    dependencies {
        classpath 'com.android.tools.build:gradle:2.2.3',
                fileTree(dir: 'lib', include: ['gradle-android-scala-plugin-2.2-SNAPSHOT.jar'])
    }
}

allprojects {
    repositories {
        jcenter()
    }
}

task clean(type: Delete) {
    delete rootProject.buildDir
}
app/build.gradle
apply plugin: 'com.android.application'
apply plugin: 'jp.leafytree.android-scala'

repositories {
    maven {
        url "https://jitpack.io"
    }
    maven {
        url "http://jcenter.bintray.com"
    }
}

android {
    compileSdkVersion 25
    buildToolsVersion "25.0.1"

    defaultConfig {
        applicationId "jp.citrous.scalakotlinexample"
        minSdkVersion 15
        targetSdkVersion 25
        versionCode 1
        versionName "1.0"
        multiDexEnabled true
    }
    buildTypes {
        release {
            minifyEnabled false
            proguardFiles getDefaultProguardFile('proguard-android.txt'), 'proguard-rules.pro'
        }
    }
    sourceSets {
        main.java.srcDirs += 'src/main/scala'
    }
}

dependencies {
    compile fileTree(dir: 'libs', include: ['*.jar'])
    testCompile 'junit:junit:4.12'
    compile 'com.android.support:appcompat-v7:25.0.1'
    compile 'org.scala-lang:scala-library:2.11.7'
    compile 'com.android.support:multidex:1.0.1'
}

この時点でmultidexに対応しなければ実行できません…。

gradleのバージョンが古かったためエラーが出たので2.14.1を指定します。

gradle-wrapper.properties
distributionUrl=https\://services.gradle.org/distributions/gradle-2.14.1-all.zip

内容のないコードで申し訳ないですが、こんなTextViewをJavaで書いたActivityに貼ります。

class ScalaView(context: Context, attrs: AttributeSet) extends TextView(context, attrs, 0) {
  setText("This is Scala TextView.")
}

無事表示されました。
scala.jpg

Kotlinプラグインも導入する

さて、ようやくKotlinの登場です。
こちらはいつも通り、JetBrainsお手製のKotlinプラグインで楽々設定してもらいましょう。
Tools > Kotlin > Configure Kotlin in Projectを選択します。
gradleファイルはこうなります。

build.gradle
buildscript {
    ext.kotlin_version = '1.0.5-2'
    repositories {
        jcenter()
    }
    dependencies {
        classpath 'com.android.tools.build:gradle:2.2.3',
                fileTree(dir: 'lib', include: ['gradle-android-scala-plugin-2.2-SNAPSHOT.jar'])
        classpath "org.jetbrains.kotlin:kotlin-gradle-plugin:$kotlin_version"
    }
}

allprojects {
    repositories {
        jcenter()
    }
}

task clean(type: Delete) {
    delete rootProject.buildDir
}
app/build.gradle
apply plugin: 'com.android.application'
apply plugin: 'kotlin-android'
apply plugin: 'jp.leafytree.android-scala'

repositories {
    maven {
        url "https://jitpack.io"
    }
    maven {
        url "http://jcenter.bintray.com"
    }
    mavenCentral()
}

android {
    compileSdkVersion 25
    buildToolsVersion "25.0.1"

    defaultConfig {
        applicationId "jp.citrous.scalakotlinexample"
        minSdkVersion 15
        targetSdkVersion 25
        versionCode 1
        versionName "1.0"
        multiDexEnabled true
    }
    buildTypes {
        release {
            minifyEnabled false
            proguardFiles getDefaultProguardFile('proguard-android.txt'), 'proguard-rules.pro'
        }
    }
    sourceSets {
        main.java.srcDirs += 'src/main/scala'
        main.java.srcDirs += 'src/main/kotlin'
    }
}

dependencies {
    compile fileTree(dir: 'libs', include: ['*.jar'])
    testCompile 'junit:junit:4.12'
    compile 'com.android.support:appcompat-v7:25.0.1'
    compile 'org.scala-lang:scala-library:2.11.7'
    compile 'com.android.support:multidex:1.0.1'
    compile "org.jetbrains.kotlin:kotlin-stdlib:$kotlin_version"
}

KotlinでもTextViewを用意します。

class KotlinView @JvmOverloads constructor(context: Context, attrs: AttributeSet? = null, defStyleAttr: Int = 0) : TextView(context, attrs, defStyleAttr) {
    init { text = " This is Kotlin TextView." }
}

同じレイアウトファイルに貼り付けて実行すると……。
scalakotlin.jpg

できました!
KotlinとScalaの夢の競演です。

Groovyでもやってみる

さて、JVM言語といえばGroovyもAndroid用gradleプラグインが開発されています。
こちらを利用して、同じようにKotlinを混ぜてみました。

build.gradle
buildscript {
    ext.kotlin_version = '1.0.5-2'
    repositories {
        jcenter()
    }
    dependencies {
        classpath 'com.android.tools.build:gradle:2.2.3'
        classpath 'org.codehaus.groovy:groovy-android-gradle-plugin:1.1.0'
        classpath "org.jetbrains.kotlin:kotlin-gradle-plugin:$kotlin_version"
    }
}

allprojects {
    repositories {
        jcenter()
    }
}

task clean(type: Delete) {
    delete rootProject.buildDir
}
app/build.gradle
apply plugin: 'com.android.application'
apply plugin: 'kotlin-android'
apply plugin: 'groovyx.android'

android {
    compileSdkVersion 25
    buildToolsVersion "25.0.1"

    defaultConfig {
        applicationId "jp.citrous.groovykotlinexample"
        minSdkVersion 15
        targetSdkVersion 25
        versionCode 1
        versionName "1.0"
    }
    buildTypes {
        release {
            minifyEnabled false
            proguardFiles getDefaultProguardFile('proguard-android.txt'), 'proguard-rules.pro'
        }
    }
    sourceSets {
        main.java.srcDirs += 'src/main/groovy'
        main.java.srcDirs += 'src/main/kotlin'
    }
}

dependencies {
    compile fileTree(dir: 'libs', include: ['*.jar'])
    testCompile 'junit:junit:4.12'
    compile 'com.android.support:appcompat-v7:25.0.1'
    compile 'org.codehaus.groovy:groovy:2.4.7:grooid'
    compile "org.jetbrains.kotlin:kotlin-stdlib:$kotlin_version"
}
repositories {
    mavenCentral()
}
GroovyView
@CompileStatic
class GroovyView extends TextView {
    GroovyView(Context context, @Nullable AttributeSet attrs) {
        super(context, attrs, 0)
        setText("This is Groovy View.")
    }
}

苦せずしてビルド&実行できます!
groovykotlin.jpg

全部混ぜてみる

さあ、ここまできたらやらざるを得ません。
先ほどのScalaのプロジェクトにGroovyを追加して、全部乗せといってみましょう。

scalakotlingroovy.jpg

あっさりできちゃいました!

プロジェクトツリーを見ると、Java, Scala, GroovyそしてKotlinと4つの言語ファイルが混在しているのが確認できます。なんと冒涜的な光景でしょう。

tree.jpg

これでgradleプラグインを利用すれば異なるJVM言語でもAndroid開発ができなくはない、ということがわかります。言葉は違っても共存できるんです。
複雑なコードになると様々な課題とぶつかることもあるかもしれません。ですが互いに違いを理解しそれを乗り越えていくことが大切です。
何の話でしょう。
みんな違ってみんないい。そういう事です。おそらく。

この投稿は Kotlin Advent Calendar 201613日目の記事です。