UnityでバランスWiiボードを使う方法について

  • 17
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

この記事はOculus Rift Advent Calenderの20日目です。

第一回Oculus Game Jamで作成した「VR エ○レカ」に利用したAssetについてご紹介いたします。

WiiBuddy

※Windowsでは利用できないのでご注意ください。
※利用にはUnity Proのライセンスも必要となります。

Macでしか利用できませんが、調べた範囲では一番簡単に
バランスWiiボードをUnityで利用できるAssetではないかと思われます。

バランスWiiボードだけでなく、Wiiリモコンやヌンチャク、
ギターヒーローのギターコントローラーも利用できるようですが、
動作確認をおこなえたのはバランスWiiボードとWiiリモコンのみです。

ギターコントローラーやドラムセットを利用したゲームを考えてる方がいましたら、
このAssetがあることを思い出して頂ければと思います。

使い方

AssetをImportしてDemonsrationシーンを再生すると、
コントローラーをペアリングするための画面が表示されます。

画面左上の「Find」ボタンを押すと一定時間コントローラーのペアリングが行われます。

※PCのBluetoothが有効になっているのを確認してください。

ペアリング画面

スクリーンショット 2013-12-20 3.02.47.png

Wiiリモコンをペアリングした状態

スクリーンショット 2013-12-20 3.08.47.png

バランスWiiボードをペアリングした状態

スクリーンショット 2013-12-20 3.10.33.png

後は同梱のAPI.txtを参考にスクリプトをバリバリ書けばOKです!

終わりに

Oculusでは視界が全て覆われてしまうため、
実際の体の動きに合わせて利用できるコントローラーが入力装置として
望ましいのではないかと思います。

その点Wiiのコントローラーは家電量販店でも購入できるため入手しやすく、
中古であれば価格も手頃なことが多いので、アプリ作成時の選択肢として
オススメさせて頂きます。

次のOculus Advent Calender21日目は@yuujiiさんです。
よろしくお願いします。