無料ホスティング環境 meteor.com 関連コマンドを見てみる

  • 11
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

はじめに

Meteor Advent Calendar 2015 2日目の記事です!

この記事を読むと、Meteorが標準で用意している無料ホスティング環境meteor.comにデプロイする方法、アプリのログを見る方法、デプロイしたアプリを削除する方法がわかるようになります! :smiley:

meteor.com関連コマンド早見表

# <APP_NAME>.meteor.comにデプロイする
meteor deploy <APP_NAME>.meteor.com

# デプロイしたアプリのログを表示する
meteor logs <APP_NAME>.meteor.com

# デプロイ済みのアプリ(サイト)一覧を表示する
meteor list-sites

# デプロイしたアプリを削除する
meteor deploy --delete <APP_NAME>.meteor.com

# 他のユーザーに指定のアプリの操作権限を与える
meteor authorized <APP_NAME>.meteor.com --add <USERNAME>

# 他のユーザーの指定のアプリの操作権限を削除する
meteor authorized <APP_NAME>.meteor.com --remove <USERNAME>

# 指定のアプリの権限を持つユーザー一覧を表示する
meteor authorized <APP_NAME>.meteor.com [--list]

# 現在ログイン中のMeteor Developer Accountを表示する
meteor whoami

# デプロイに使用するMeteor Developer Accountを変更する
meteor logout
meteor login

Meteorについて

ご存じない方のために簡単に説明すると、MeteorはクライアントとサーバーのコードをJavaScriptだけで記述できる、フルスタックなJavaScript Webアプリケーションフレームワークです。

Meteorはクライアントとサーバーで共通のコードが使用できる仕組みがあり、DRYなコードが書けるため、すばやくWebアプリを開発することができます。詳しくは、以下の記事をご参照ください。

無料ホスティング環境 meteor.com

Meteorには無料のホスティング環境が用意されており、自前でサーバーを用意しなくても、1コマンド叩くだけでMeteorアプリをデプロイし、インターネット上に公開することができます。

この記事では、Meteorをインストールすると、すぐ使用できるmeteor.com関連のコマンドについて紹介します。

meteor.com 関連コマンド

<APP_NAME>.meteor.comにデプロイする

meteor deploy <APP_NAME>.meteor.com

meteor deployは無料のホスティング環境meteor.comにアプリケーションをデプロイするコマンドです。

<APP_NAME>の部分はアプリ名で、 デプロイ時に自由に決めることができます。
<APP_NAME>はユニークな文字列で、他のアプリですでに同じものが使われている場合は、別の文字列を指定して下さい。使用できる文字は英数字とハイフン(-)です。それからDNSサブドメインの制約に従います。

$ meteor create example-todos-app --example todos
$ cd example-todos-app
$ meteor deploy example-todos-1234.meteor.com

はじめてデプロイすると、メールアドレスとユーザー名、パスワードの入力が求められます。入力するとMeteor Developer Accountが作成されます(アカウントのメールアドレスやパスワードなどを変更する場合はこちらから)。

デプロイが完了すると、http://<APP_NAME>.meteor.com でアクセスできるようになります。
また、SSLにも対応しており、https://<APP_NAME>.meteor.com のように、http -> https に変えるだけでSSLが有効になります。

デプロイしたアプリのログを表示する

meteor logs <APP_NAME>.meteor.com

meteor.comのサーバーには直接ログインすることはできません。
アプリのログを表示するには、meteor logsを使用します。

$ meteor logs example-todos-1234.meteor.com
# ...(省略)...
[Wed Dec 02 2015 06:01:48 GMT+0000 (UTC)] INFO STATUS running -> waiting
[Wed Dec 02 2015 06:01:48 GMT+0000 (UTC)] ERROR Application crashed with code: 8
[Wed Dec 02 2015 06:04:43 GMT+0000 (UTC)] INFO STATUS killed -> sleeping
[Wed Dec 02 2015 06:04:43 GMT+0000 (UTC)] INFO STATUS waiting -> killed

エラーってました :cry:

デプロイ済みのアプリ(サイト)一覧を表示する

meteor list-sites

これまでデプロイしたアプリ(サイト)の一覧が表示されます。

$ meteor list-sites
example-todos-1234.meteor.com
example-app-foobar.meteor.com
example-localmart-555.meteor.com

デプロイ済みの不要なアプリを削除する

meteor deploy --delete <APP_NAME>.meteor.com

meteor.comに間違えてデプロイしてしまったり、今は使用していないアプリがある場合は、このコマンドでアプリを削除しましょう。

$ meteor deploy --delete example-todos-1234.meteor.com

複数ユーザーで<APP_NAME>.meteor.comを管理する

meteor authorized <APP_NAME>.meteor.com --add <USERNAME>

meteor authorizedは権限管理のコマンドです。
--addオプションで別のユーザーにアプリの操作権限を与えます。

$ meteor authorized example-todos-1234.meteor.com --add taro

逆に、権限を無くしたい場合は--removeオプションを指定します。

$ meteor authorized example-todos-1234.meteor.com --remove taro

どのユーザーに権限を与えているのかを確認するには、--listオプションを指定します。
なお、オプションを省略すると、--listの動作になります。

$ meteor authorized example-todos-1234.meteor.com --list
nobutakaoshiro
taro

デプロイユーザーの変更

meteor.comへのデプロイには、Meteor Developer Accountを用います。
現在ログイン中のユーザー名を表示するには、以下のコマンドを実行します。

meteor whoami

また、ログインユーザーを変更するには、次のコマンドを実行します。

meteor logout
meteor login

meteor.com を使用する際の注意点

無料ホスティング環境のmeteor.comは、一定期間アクセスが無いとリセットされます。
そのため、あくまで重要なデータは置かないようにしましょう。
本番環境としては、Meteor Developer Group が運用している Meteor Galaxy というサービスを使用するか、自前のサーバーにMeteorアプリケーションをデプロイすることをおすすめします。

おわりに

今回はじめてAdvent Calendarというものにチャレンジしてみました。
思っていたよりも時間がかかってしまったので、後半は結構適当です。。
余裕があれば他の日も記事を書いてみたいと思います :smiley:

Meteor Advent Calendar 3日目は@hkwidさんの「Meteorのセキュリティについて」です!

それでは、よいMeteorライフを!

参考情報