NeoBundleを用いたVimプラグイン管理と色設定メモ

  • 271
    いいね
  • 0
    コメント

PureなVim人間だったが今更ながらプラグイン使いたくなりNeoBundle導入したのでそのメモ

NeoBundleのダウンロードと設置

# 配置先のディレクトリを作成
$ mkdir -p ~/.vim/bundle
# NeoBundleをリポジトリから取得
$ git clone git://github.com/Shougo/neobundle.vim ~/.vim/bundle/neobundle.vim

NeoBundle導入

NeoBundleを設定する(.vimrc)

$ vim ~/.vimrc
# 以下を追記
set nocompatible
filetype plugin indent off

if has('vim_starting')
  set runtimepath+=~/.vim/bundle/neobundle.vim
  call neobundle#rc(expand('~/.vim/bundle'))
endif 

NeoBundleFetch 'Shougo/neobundle.vim'

# 以下は必要に応じて追加
NeoBundle 'Shougo/unite.vim'
NeoBundle 'Shougo/neosnippet.vim'

filetype plugin indent on

プラグインインストール

.vimrcに追記したあとで以下を実行

:NeoBundleInstall

プラグインアップデート

:NeoBundleUpdate

プラグイン削除

.vimrcの記述を削除したあとで以下を実行

:NeoBundleClean

ColorSchema導入

NeoBundleを導入すればカラースキーマも簡単にインストールできちゃいます。

カラースキーマの選別

以下でよさ気なものを選別してきます。

Vim Color Scheme Advent Calendar

Vim Colorscheme Gallery

カラースキーマのインストール設定(.vimrc)

$ vim ~/.vimrc
" solarized
NeoBundle 'altercation/vim-colors-solarized'
" mustang
NeoBundle 'croaker/mustang-vim'
" jellybeans
NeoBundle 'nanotech/jellybeans.vim'
" molokai
NeoBundle 'tomasr/molokai'

NeoBundle 'Shougo/unite.vim'
NeoBundle 'ujihisa/unite-colorscheme'
:NeoBundleInstall 

カラースキーマ表示確認

:Unite colorscheme -auto-preview

カーソルを動かせばすぐにプレビューが見れるようになります

デフォルトカラースキーマの設定

$ vim ~/.vimrc
colorscheme <カラースキーマ名>
if &term =~ "xterm-256color" || "screen-256color"
  set t_Co=256
  set t_Sf=[3%dm
  set t_Sb=[4%dm
elseif &term =~ "xterm-color"
  set t_Co=8
  set t_Sf=[3%dm
  set t_Sb=[4%dm
endif

syntax enable
hi PmenuSel cterm=reverse ctermfg=33 ctermbg=222 gui=reverse guifg=#3399ff guibg=#f0e68c