Centos6.5に Nginx 1.7.3(mainline)をインストールしてみた

  • 22
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Nginx

枯れた技術の Apache もいいけど Nginx も触っておかないと…と思いつつ。ようやく重い腰をあげてみました。
いまさらですが Nginx のバージョンみてみると結構頻繁にバージョンアップされているようでいい感じです。なんだか Apache が流行った初期の頃を思い出しますね。

CentOSにmainlinのnginxをyumでインストール

パッケージで導入します。開発者のIgorさんが「mainlineがいちばん安定している!」と仰ってたのでバンバンmainline使いましょう。 らしいので mainline を入れてみます。開発者用とかお試し版という位置づけで「dev」とか使ったりするけど mainline は、どういう意味なんでしょうね?

リポジトリをインストール

OS毎にインストール手順が載っているのでそのとおりに行えばok。
mainline からインストールするので /etc/yum.repos.d/nginx.repo を少し書き換えます。

$ sudo yum install http://nginx.org/packages/centos/6/noarch/RPMS/nginx-release-centos-6-0.el6.ngx.noarch.rpm
$ sudo vi /etc/yum.repos.d/nginx.repo
baseurl=http://nginx.org/packages/centos/6/$basearch/
↓
baseurl=http://nginx.org/packages/mainline/centos/6/$basearch/

Yum 変数

インストールと起動

あとは普通にインストールと起動を行えばok。

$ sudo yum install nginx
$ sudo service nginx start
$ sudo chkconfig nginx on

yum で自動更新しないように設定

yum の fastestmirror を導入、もしくは update を行うと自動的に最新化されてしまうので /etc/yum.conf に以下を追加する。

exclude=nginx*